Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

IGDA日本 > SIG-Indie
SIG-Indie : IGDA日本 同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie) 第10回研究会「PlayStation Mobileの現状と可能性」【6月1日(土) 11:20-】東京
投稿者 : yakumo  投稿日時: 2013-06-19 08:55 (12040 ヒット)   
SIG-Indie

IGDA日本 同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie)
第10回研究会「PlayStation Mobileの現状と可能性」  

6月23日追記 SIG-INDIEブログ更新。当日の講演者の講演資料と記事リンクがアップされました。

6月19日追記 当日のSCE講演資料がウェブにアップされました。

研究会のレポート記事が掲載されました。

インディーゲーム開発コミュニティを活性化するSIG-Indieの活動

ソーシャルゲームと家庭用ゲームのユーザー比較 

大前弘樹氏が語るPlayStation MobileとUnityの関係

とぎゃったーのまとめはこちら 

 

 

 

 

 



5月9日追記 PSモバイルのパブリッシャーライセンスが期間限定(2013年5月8日-9月20日)で登録費無料 となりました。ちょうどセミナー開催と重なるため、ご関心をお持ちの方はぜひ、足をお運びください。

 

5月16日追記 研究会のみの入場券は完売しました! またプログラムを一部修正しました。

IGDA日本(国際ゲーム開発者協会日本) 同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie)は、第10回研究会を2013年6月1日(土)に開催いたします。

現在、インディーズ開発者のゲーム発表環境が急速に整備されてきています。PCのSTEAM、Xbox360のXBLA/XBLIG、iOSのAppStore、GooglePlayに加えて、近年は、PlayStation VitaやXperia、他のスマートフォン向けの開発・発表環境、「PlayStation Mobile(PSモバイル)」も選択肢に入るようになりました。

日本発のプラットフォームであり、PS Vitaの好調もあって、関心をお持ちの方も多いと思います。一方で、新興のプラットフォームであるため、可能性は未知数と思っている方も多いと思います。そこで、今回のSIG-INDIEでは、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の方によるブリーフィングと、すでにPSモバイル向けにゲームを発表した開発者の方によるポストモーテム(事後分析)を主体とした研究会を、SCEさんの社内で行うことになりました。

SCE、開発者の方にお話を伺ったり、制作者サイドの要望を伝える、またとない機会です。PSモバイルでゲームを発表しようと考えているサークル、開発者の方はふるってご参加ください!

 <概要>
■日時 :2013年6月1日(土) 11:20-18:00 (受付時間10:20-) ※懇親会 18:30-20:30
■場所 :ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE) SSJ品川ビル http://www.scei.co.jp/corporate/data/map.html
■主催 :特定非営利活動法人 国際ゲーム開発者協会日本(NPO法人 IGDA日本)
■定員 :80名  (ゲームに関心のある方であれば、どなたでも参加できます)

■参加費:
◎研究会のみ: 2,000円 (入場券チケットを購入して下さい)
◎研究会および懇親会: 5,500円 (全席自由チケットを購入して下さい) ※懇親会のみチケットはありません。

■受付終了日: 5月30日(木) 18:00

■申し込み方法:
◆PC用購入ページリンクURL
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002099779P0050001P006001P0030001

◆携帯用購入ページリンクURL
http://eplus.jp/m/msys/T1U55P0010844P0100P002099779P0050001P006001P0030001?uid=NULLGWDOCOMO
※チケットの販売開始は、「e+」というチケット販売代理システムを利用して行います。詳しくは、後述の情報をご覧下さい。

■取材について: 取材希望のプレスの方がいらっしゃいましたら、事前にお問い合わせくださいませ。

■会場に関する注意:
※e+チケットを忘れると、ご入場いただけません。ご注意ください。
※食べ物の持ち込みが可能です。昼食時に、エレベーターが混雑することが予想されますため、極力、昼食をご持参下さい。

◎プログラム

第1部

11:20-11:30 七邊信重(マルチメディア振興センター)
「企画趣旨のご説明と、SIG-INDIE、東京ロケテゲームショウ、TGSインディーズのご紹介」

11:30-12:00 小山友介(芝浦工業大学)
「ソーシャルゲームユーザーと家庭用ユーザーの違いと重なり」

<休憩>

第2部

13:00-13:30 浅野剛史(ソニー・コンピュータエンタテインメント モバイルサービス事業推進部) https://psm.playstation.net/portal/ja/#register
「PlayStation Mobile現況および今後の展開について」

13:30-13:50 調整中(ソニー・コンピュータエンタテインメント)
「PlayStation Mobile技術解説」

13:50-14:20 大前広樹(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)
「PlayStation MobileとUnity」

<休憩>

14:35-15:05 isao(神奈川電子技術研究所) http://www.shindenken.org/top.html
「『僕は森世界の神になる』がPlayStation Mobileで発売されるまでの流れ」

15:05-15:35 佐川直樹(こびとスタジオ) http://www.angelword.net/kobitostudio/
「PSMとXNA - とある同人サークルの一存」

<休憩>

15:45-16:15 マサシロウ(ぜろじげん) http://blog.zerozigen.com/
「PSMで多言語ノベルゲームを作る - シムシップ(世界同時配信)を狙う、あるサークルの野望と現実」

16:15-16:45 山田八畳丸(サークルやまどん!) http://ameblo.jp/y8jo/
「PSM向けノベルゲームの開発の課題」

<休憩>

第3部

17:00-18:00 モデレーター:板垣(IGDA日本監事)
パネルディスカッション(もしくはQ&A)

--
18:30-20:30
懇親会

■参加申し込みのためのチケット購入の方法と、注意点(必ずお読みください)
入場チケットの販売は、チケット販売システムの「e+(イープラス)」を利用して行います。

■参加費用について
・入場券(2,000円)=SIG-INDIE研究会のみに参加
・全席自由(5,500円)=研究会および懇親会の両方に参加

参加形態を選ぶことで、参加できます。上記以外の参加形態はございません。いずれも事前振込が必要です。以下の「振り込みについて」をご覧ください。

PC用購入ページリンクURL

携帯用購入ページリンクURL

・研究会の参加に必要なチケット枚数は1人につき1枚です。入場券チケット、もしくは、全席自由チケットを1名につき1枚ご購入ください。

・当日の飛び込みができない仕組みになっています。また、席数に限りがあります。
申込数が一杯になり次第、各チケットの受付が終わりますので、ご注意ください。

・当日キャンセルによる返金はいたしませんので、予めご了承下さい。
・チケット購入に関わる手数料は、参加者負担とします。
手数料一覧 http://eplus.jp/page/eplus/whats/charge.html
・チケットを郵送で受け取る手続きには別途600円が必要です。
・手数料を0円にするには、ファミリーマートまたはセブン-イレブンにて現金でチケットを受け取る(「すぐチケ」)をご利用ください。
----ファミリーマートまたはセブン-イレブンで支払いをして、受け取りをすると無料になります(推奨)
・FAQ 「すぐチケ」とは?
http://w1.onlineticket.jp/tkt1/web/info/sugu.html
http://eplus.jp/page/eplus/sugu/guide.html

■費用に関する注意
・参加費は、当日の運営費用として使用させて頂くほか、IGDA日本の運営費用として使用させて頂きます。
・懇親会費は、実費です。

■会場に関する注意
・e+チケットを忘れると、ご入場いただけません。ご注意ください。
・食べ物の持ち込みが可能です。昼食時に、エレベーターが混雑することが予想されますため、極力、昼食をご持参下さい。

■ セミナーお申し込みに関する問い合わせは、IGDA日本代表 小野 までお願いいたします。
info@igda.jp

SIG-Indieの世話人は、七邊信重(マルチメディア振興センター)、小山友介(芝浦工業大学)、大澤範之(Maniac House)です。


印刷用ページ 

Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project