Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

IGDA日本
IGDA日本 : 日米モバイルゲーム新事情【12月21日(土)13:00】東京
投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2013-12-22 12:37 (3828 ヒット)   
IGDA日本

IGDA×SIG-Indie×SIG-Glocalization
日米ゲーム「新」事情

12月21日(土) TechBuzzSpace 
【詳細・申込み】

12月22日追記:更新資料がアップされました。

アメリカ市場のモバイルシフト(Ed Magnin:Magnin and Assosiates)

「タップシーフストーリー」ポストモーテム(渡辺雅央:2Dファンタジスタ)

テキストのハードコーディングは痛い(矢澤竜太:架け橋ゲームズ)

12月8日追記:講演者にアクティブゲーミングメディアの東野猛郎氏が追加されました。

IGDA日本では日米のインディゲームやモバイルゲームのトレンドについて議論する「日米ゲーム「新」事情」セミナーを開催します。

日本でもインディゲーム開発者が急増する中、アメリカのIGDA Foundationからベテランゲーム開発者のEd Magnin氏を迎え、アメリカのゲーム業界やインディゲーム開発者が、急速にモバイルアプリ開発に移行しつつある現状について、講演をいただきます。Ed氏はApple II時代からゲーム開発を続けられているベテラン開発者で、現在はインディゲーム開発者(Magnin & Associates代表)として活躍されています。
一方で国内からは、スマートフォン向けにアクションゲーム「タップ・シーフ・ストーリー」をリリースされた、2Dファンタジスタの渡辺雅央氏にご講演いただきます。
またSIG-Glocalization世話人で、海外の優れたゲームを日本にローカライズされているKakehashi Gamesの矢澤竜太氏には、アプリ開発者が知るべきローカリゼーションに関する知見について、ご講演いただきます。アクティブゲーミングメディアの東野猛郎氏にも、ローカリゼーションベンダーの立ち場から知見を共有いただきます。
日米のインディゲーム、モバイルゲーム、ローカリゼーションの各々の知見が得られる好機ですので、ぜひご参加くださいませ。また終了後には時節柄、忘年会も兼ねた懇親会を開催致します。

■概要
主催:NPO法人国際ゲーム開発者協会日本
会場:TechBuzzSpace(東京都新宿区新宿5-18-20 オミビル 4F)
【新宿プロムナードE1出口】徒歩4秒(新宿駅改札より 8 分)
副都心線 / 丸ノ内線 / 都営新宿線 新宿三丁目駅 徒歩 1 分
会費:研究会のみ 2000円
研究会+懇親会 5500円
*懇親会のみの参加は受けつけておりません
*領収書は申込時の明細をもって替えさせていただきます
申込み:下記サイトからお申し込みください http://peatix.com/event/23965/view

■スケジュール
13:00 開場
13:30 開会挨拶
13:45 講演「アメリカ市場のモバイルシフト」 IGDA篇
Ed Magnin (IGDA Faundation / Magnin & Associates)
*講演は日本語を予定しています
14:45 講演「タップ・シーフ・ストーリーのポストモータム」 SIG-Indie篇
渡辺雅央 (2Dファンタジスタ)
15:45 講演「アプリ開発者が知るべきローカライズ」 SIG-Glocalizaation篇
矢澤竜太 (KAKEHASHI-GAMES / SIG-Glocalization世話人)
16:15 講演「ローカライズ企業が本気で考える業界のローカライズ(仮)」
東野猛郎(アクティブゲーミングメディア)
16:45 ふりかえり
参加者で小グループを作成し、知見についてディスカッションします
17:15 ライトニングトーク(5分×3本)
・流動化するゲーム開発者のキャリアパス: IGDAカリキュラムフレームワークを越えて(山根信二/青山学院大学ヒューマンイノベーションセンター助教・IGDA日本理事)
・ローカリゼーションJamのご案内(アライン・デレピアーネ/フリーランスゲーム翻訳者・SIG-Localization世話人)
・OPTPiX SpriteStudio 活用のススメ @GlobalGameJam最高(黒岡 聡亨/ウェブテクノロジ OPTPiX SpriteStudio 担当プログラマ)
17:30 終了
18:00 懇親会(希望者のみ)
20:00 終了
*各講演で10-15分程度、休憩と質問の時間を用意します

確定いたしました!
<<<ライトニングトーク募集>>>
研究会の最後に5分程度のライトニングトーク枠を3本設けます。イベントやセミナーの告知、アプリやツールのリリース、近況など内容は問いません。ご関心のある方は、ぜひお問い合わせください。


印刷用ページ 

Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project