Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

Book
Book : [digital]ライティング&レンダリング 第3版
投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2014-04-29 07:04 (3433 ヒット)   

[digital]ライティング&レンダリング 第3版書評

ボーンデジタルから「[digital]ライティング&レンダリング 第3版」を献本いただきましたので、SIG-TA世話人の麓一博さんに書評いただきました。

最初にこの本の内容を知らない人に対して、一番重要なことからお伝えします。「(デジタル)ライティング&レンダリング」というタイトルから、3DCGの中でも一部分にすぎない、ライトに関する事柄だけを扱った本ではないか、と思われるかもしれません。しかし、それはまったく違います。

もちろん3DCGの技術の進歩により、ライティングの重要性が高まってきているのは、言うまでもありません。本書においてもライティングにはじまり、3DCGの中でライティングにまつわる事柄、たとえば質感表現、反射などマテリアルに関する事柄や、レンダパスの合成方法、色温度に関する事柄、そしてライトに密接に関係するシャドウについてなど、3DCGの重要な要素のほとんどを本書で学ぶことができます。

前半ではライティング初心者が学ぶために必要なライトの種類と、各々から得られる表現、さらには基本的なライトによる表現と、グローバルイルミネーションとの違いなどが、逐一丁寧に解説されています。

アンビエントオクルージョンやデプスマップシャドウなど、リアルタイムレンダリングでよく活用される技法についても、計算式やプログラムではなく、図解説明で解りやすく仕組みが解説されています。さらに仕組みの解説から、どのように使用するかまでを一つの流れとして解説しているので、とても理解しやすいと感じました。

例えば「ライトの減衰「逆2乗」は現実のライトの減衰に使用する」「『「逆3乗』は空気のもやによる減衰に用いるため、水中や霧を表現するのに向いている」「デプスマップシャドウの影に用いる画像解像度がどれだけメモリに依存しているか」といった解説もされています。

これらを知ることで、皆さんがゲームで表現したいことは何か。そして、それに必要な技法はどれかを、正確に想像することができるのではないでしょうか?

現在ではライトを使った表現技法は、ゲームのリアルタイムレンダリングでも多く活用されており、ライティングの調節で画面クオリティに差が出るようになってきました。

そしてライティングに描かせないのが、マテリアル表現や反射についてです。

後半では、シェーダのアルゴリズムとテクスチャマップを用いた質感調整方法について解説されており、プログラマブルシェーダで表現されるゲームの質感表現にも応用できる知識が得られます。

リニアワークフローの導入方法や、パス合成に効果的である点など、リアルタイムレンダリングの中では新しめのトピックも取り扱われています。

以上の点から、ゲームクリエイターの中でもライティングに関わる人はもちろん、環境アーティストやキャラクターモデラーも自分の作ったモデルが最終的にどういった画像になるのかを想像しやすくなります。自分でライティング演出を考えながらモデリングできるようになると、結果的に画面クオリティがあがることも想像しやすくなるでしょう。そのためアーティスト職であれば、一読することをお勧めします。

また、描画プログラマーもアーティストがどういう絵を求めているのか、本書を読むことで想定できる様になるので、読んでおくと良いんじゃないかなと思います。

※この本はプログラムに関しては一切触れられていないので、描画プログラムに落とし込むためには、また別の本での知識が必要になります。
 

SIG-TA世話人 麓一博


印刷用ページ 

Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project