Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

Products/Release
Products/Release : CRI、ゲーム開発向けCRIWARE 2014ロードマップを発表
投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2014-06-05 02:20 (1569 ヒット)   

CRI、ゲーム開発向けCRIWARE 2014ロードマップを発表
Unity対応拡充でスマートフォン&ゲーム機のマルチ開発環境を強化

オーディオ・ムービー向けミドルウェアでおなじみのCRI・ミドルウェアで、主力製品の開発ロードマップが発表されました。スマートフォン向け・ゲーム機向けでそれぞれ、さまざまな機能が拡充されています(以下リリース転載)。

株式会社CRI・ミドルウェア(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 押見正雄、以下CRI)は、ゲーム開発向け「CRIWARE(R)(※)」(シーアールアイウェア、以下CRIWARE)について、2014年のロードマップを発表致します。
2014年のCRIWAREは、スマートフォンとゲーム機のマルチプラットフォーム開発環境を強化し、より多くのプラットフォームへのゲームタイトルの展開を支援します。
ゲームエンジンへの対応を拡充するとともに、開発工数を短縮する各種機能の強化を行います。

※CRIWAREは、CRI・ミドルウェアが提供するツール&ミドルウェア製品の総称です。

【対象製品】
統合型サウンドミドルウェア「CRI ADX(TM)2」(以下ADX2)
高画質・高機能ムービーミドルウェア「CRI Sofdec(TM)2」(以下Sofdec2)

<スマートフォン向けに>
ネイティブアプリ開発のスピードアップ&クオリティアップ対応強化として、ADX2をUnityやCocos2d-xの最新バージョンに対応していくとともに、スマートフォン実機を使ったサウンド調整機能を追加します。

また、Sofdec2のムービー演出をより活用していただくために、リッチ演出を効果的・効率的に実現する「アルファムービー」作成のためのサンプル素材公開やマニュアル強化を行います。

<ゲーム機向けに>
マルチプラットフォーム強化としてゲームエンジンへの対応を拡大します。
また、サウンド演出のデバッグを飛躍的に効率化する新機能「プロファイラ」を搭載します。さらに、H.264ビデオコーデックをマルチプラットフォームで共通利用可能にし、高画質フル画面ムービーの圧縮率と、エンコードツールの利便性を大幅にアップします。

■新機能概要
CRI ADX2

●スマートフォン向けプレビュー機能(実機プレビュー/インゲームプレビュー)
実機プレビューは、作成中のサウンドを、ゲームに組み込まなくてもスマートフォン実機上で再生できる機能です。
実際のスマートフォンでの聞こえ方を確認しながら、音の作り込みが可能になります。
インゲームプレビューは、開発中のゲームプログラムのサウンドを、ゲームを動作させながら調整することができる機能です。
音量やパン、エフェクトなどのパラメータ設定をADX2のオーサリングツールから直接操作でき、サウンド調整を大幅に効率化します。

●プロファイラ機能
発音数が多くなり複雑化するサウンド演出について、ゲームプレイ中のサウンド情報の可視化を行い、デバッグの飛躍的な効率化を実現します。
サウンドの再生ログ(音数、CPU負荷など)を数値やグラフに置き換えることで、視覚的な解析を可能にし、調整やデバッグにかかる時間を大幅に短縮します。
以下は解析情報例(予定)です。
・サウンドやボイスの再生開始/停止タイミングのタイムライン表示
・パフォーマンス状態変化のグラフ表示
・時刻、項目名、動作内容などのログのテキストデータ表示
・3Dで配置したボイスにおける時刻に対する位置情報表示

●PERFORCE対応
多人数開発などで重要となる、サウンドやプロジェクトデータの履歴管理機能を強化します。オーサリングツールのバージョン管理ツール連携機能を、すでに対応済みの「Apache(TM) Subversion(R)」に加えて「PERFORCE」に対応します。

CRI Sofdec2
●H.264ビデオコーデック対応
従来の独自ビデオコーデックに加えてH.264ビデオコーデックに対応し、マルチプラットフォームでのH.264ムービー再生をサポートします。
プラットフォームごとに最適化したパラメータ調整を、Sofdec2エンコーダーが自動で行います。
対象プラットフォーム:PS4(TM)、Xbox One、PS3(R)、PS Vita、Wii U

■お問い合わせフォーム(「製品についてのお問い合わせ」をご利用ください。)
ロードマップの詳細や上記以外の機能の追加など、下記よりお気軽にお問い合わせください。 http://www.cri-mw.co.jp/contact/

■製品版の無償試用お申し込み
ADX2およびSofdec2は、無償で試用・評価が可能です。試用にはフル製品版をお使いいただけます。 http://www.cri-mw.co.jp/contact/trial/

■CRI・ミドルウェア 製品紹介ページ
すでに対応済みの機能や、プラットフォーム・ゲームエンジン等の詳細情報については、各製品ページをご覧ください。 http://www.cri-mw.co.jp/product/

CRI・ミドルウェアは、多彩なツール&ミドルウェア製品群
『CRIWARE(R)』を通じて、クオリティ向上、ユーザビリティの向上、開発効率化やコスト削減のお手伝いを致します。
開発者の皆さまがコンテンツの中身の創造・制作に専念して頂けるような環境の実現をお約束致します。

※CRI・ミドルウェア、CRI・ミドルウェアロゴ、「CRIWARE」、「CRI ADX」、「CRI Sofdec」は、日本およびその他の国における株式会社CRI・ミドルウェアの商標または登録商標です。

※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
 


印刷用ページ 

Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project