Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

IGDA日本
IGDA日本 : 新年のご挨拶
投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2015-01-05 02:58 (1422 ヒット)   
IGDA日本

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申しあげます。

さて、2014年のお正月の挨拶で、新年の抱負として「ゲーム業界内における他のコミュニティとの交流推進」「学会やIT業界など、ゲーム業界以外のコミュニティとの交流促進」「国際化の推進」という三点を上げさせていただきました。それぞれ詳細は省きますが、非常に多くの成果が上げられた一年だったかと思います。

特にSIG主導のセミナーや、福島GameJam東京ロケテゲームショウなどといった定例イベントに加えて、2014年も新しい形の活動を行うことができました。インディゲーム開発者向けにパートナーシップの機会を提供するIGDSはその一つです。2月の記録的な積雪の中で行われた文化庁メディア芸術祭ゲームジャムや、文化庁メディア芸術祭秋田展への出展なども記憶に新しいところです。

また、新たに発足したStudent-TFでは、学生向けのゲームジャムなども実施いたしました。2月には若手社員の方に登壇いただき、自らの就職活動について共有いただく「わたしの就職活動」セミナーも予定しています。理事による専門学校の外部評価委員の就任などもあり、教育分野での活動の広がりが見られたようにも感じられました。

こうした状況をふまえて、2015年の活動となるわけですが、大前提としてIGDA日本のようなNPO団体の存在意義は「社会的にニーズが高いが、企業や行政主導では実施が困難な事業に参入し、社会に貢献する」ことにあります。

IGDA日本が任意団体として発足した2002年当時は、ゲーム業界でコミュニティ活動自体が不可能だとされてきました。今や業界では毎週のようにさまざまなコミュニティ活動が行われています。こうした状況の変化にIGDA日本が寄与できたとしたら、これに勝る喜びはありません。

これ以外にもロケテショウや福島GameJamなど、IGDA日本では先進的な分野に積極的に挑戦し、フォロアーを生み出してきました。ゲームエンジンをはじめとしたゲーム開発技術が業界を越えて普及し、「ゲーム開発者」の定義がさらに拡散する現状において、IGDA日本に対する期待と責任もさらなる高まっていると感じています。2015年もこうした状況を後押しするべく、さらなる活動を進めて参ります。

具体的には下記3点を掲げています。
・良質で新規性の高いセミナーやイベント活動をリスクを取って実施する
・広報活動を強化し、法人の認知度向上につとめる
・ニュースサイトをリニューアルし、メディアとしての価値を高める

特にIGDA日本の特徴の一つに、自分を含めた現役のメディア関係者が参加している点があります。これまでも本サイトはゲーム開発に関する情報や、産官学連携に関するニュースの発信源としてユニークなポジションを築いて参りましたが、より皆様のお役に立てるようなサイトに進化させていく所存です。

最後になりましたが、こうした活動はすべて、皆様方の温かいご支援とボランティア精神によって支えられていることは、言うまでもありません。改めて御礼を申しあげると共に、さらなるご支援をよろしくお願い申し上げます。


印刷用ページ 

Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project