Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

Event/Seminar
Event/Seminar : 3DCG指導者向けセミナー【2月12日(木)15:30】東京
投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2015-01-16 01:22 (1688 ヒット)   

3DCG指導者向けセミナー
「CG表現のいま-劇場版アニメ『楽園追放』メイキング」
改訂新版「ディジタル映像表現」にみる求められる能力

2月12日(木) 15:30-18:00 インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター【参加費無料】  

CG-ARTS協会による3DCG指導者向けセミナーが開催されます。 IGDA日本理事の尾形美幸モデレートによるパネルディスカッションも実施されますので、ぜひご参加ください。

2004年に初版本を出版して以来、多くの教育機関にご活用いただいているCGクリエイター向け書籍「ディジタル映像表現」と「入門CGデザイン」を改訂する運びとなり、3月初旬に出版を予定しております。

今回は2冊の編集委員をパネリストに迎え、「ディジタル映像表現」の改訂内容を通して、いま求められる能力や学習の内容についてディスカッションします。

また、書籍にも新たに加わったセルルックアニメーションの制作における3次元CG(3DCG)の活用について、昨年11月に公開の劇場版アニメ『楽園追放』のメイキングを通して、その利点や今後制作の現場で求められる知識や技能などを解説いただきます。

注:セミナー会場から徒歩8分の国立新美術館にて「第18回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」を開催中です。ご希望者は13:00からのセミナー参加者対象の鑑賞ツアーにご参加いただけます(文末をご参照ください)

■主催  CG-ARTS協会
■日程  2015年2月12日(木) 15:30-18:00
■場所  インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)
■対象 指導者、教育者
■定員  100名
■受講料 無料
■プログラム
15:30  講演「CG表現のいま-劇場版アニメ『楽園追放』メイキング」
セルルックのアニメCGとしてどこまで表現できるかに挑戦したプロジェクト『楽園追放』。本タイトルをなぜ3DCGで制作することにしたのか、従来の作画によるアニメーション表現を踏襲しながら、どこまでを3DCGで表現しようとしたのかなど、メイキングを通してフル3DCGの利点について解説いただきます。

講師:株式会社グラフィニカ 執行役員 吉岡 宏起 氏
   
16:45  パネルディスカッション  改訂新版「ディジタル映像表現」にみる求められる能力
3月に出版予定のCGクリエイター関連書籍の改訂内容を通して、時代の変化と求められる能力についてディスカッションします。

パネラー(予定・五十音順)
木村 卓(株式会社IMAGICA アートディレクター)
佐藤 皇太郎(サトリデザイン 代表/関東学院大学 非常勤講師)
西井 育生(株式会社ロボット テクニカルスーパーバイザー)
三上 浩司(東京工科大学 准教授)
モデレータ 尾形美幸(EduCat)

17:45  技術系書籍の改訂内容について紹介
「コンピュータグラフィックス」
「ディジタル画像処理」

■申し込み方法  【こちらから】
★お問い合わせ  CG-ARTS協会 教育事業部

======================

第18回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展 鑑賞ツアー開催

セミナー参加者対象の鑑賞ツアーにご参加される方は、以下国立新美術館 2階 企画展示室Eの受付までお越しください。当日は、展示会場受付にて、お申し込みの際に返信されるメールのプリントをご持参、または電子デバイスでご提示くださいますようお願いいたします。

集 合 2015年2月12日(木)13:00 国立新美術館 2階企画展示室E受付
(所要時間は約20分。その後自由鑑賞となります)

会 期 2015年2月4日(水)- 2月15日(日)

会 場 国立新美術館 2階企画展示室E(東京都港区六本木7-22-2)   
10:00?18:00 金曜日は20:00まで ※2月10日(火)休館
http://www.nact.jp/information/access.html

入場料 無料 ※全てのプログラムは参加無料です。
主 催 文化庁メディア芸術祭実行委員会

■実施内容
展示/上映/マンガライブラリー/パフォーマンス/デモンストレーション/
関連イベント(参加無料)

■みどころ
○世界71ヶ国・地域の3,853作品から選ばれた作品、約160点を一堂に紹介
○テクノロジーの進化によって変わりゆく、同時代の芸術表現を体感できる
○現在を代表する、様々なジャンルの作品を横断的に見ることができる
○トークイベント、パフォーマンス、ワークショップ等、約40のプログラムを会期中に開催
○アニメーションや実写など多様な映像作品をスクリーンで上映
○ゲームやガジェット作品を、実際に手に取って体験できるスペースを用意
○マンガライブラリーでは、受賞作品・審査委員会推薦作品の


印刷用ページ 

Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project