Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

GDC
GDC : GDC09ローカライズサミット「フェイブルII」スライド
投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2009-05-30 13:38 (5937 ヒット)   

 今年のGDCでは新しくローカライズSIGが発足し、ローカライズサミットが開催されました。これに関して議長の一人である元マイクロソフトゲームスタジオのトム・エドワーズから、当日発表されたスライドを日本語に翻訳して公開して欲しいという依頼を受けましたので、順次アップしていきます。まずは「フェイブルII」の事例についてです。翻訳作業は、下訳を僕(小野憲史)が行い、当日パネルで出席されたセガの長谷川亮一さんに監修いただいています。

Gdc09 Loc Summit Fable2

http://www.slideshare.net/kono3478/gdc09-loc-summit-fable2

スライドにもあるとおり、イギリスのライオンヘッドスタジオ(開発)、アイルランドのマイクロソフトゲームスタジオ・ダブリン(ローカライズ)、各国の翻訳業者(実作業)の三位一体で各国語版が作られ、世界同時発売という、AAA級タイトルの現状とパイプライン構築が良くわかる内容になっています。

参考:あるローカライズスペシャリストの「卒業」
http://www.igda.jp/modules/pico/index.php?content_id=1


印刷用ページ 

Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project