Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

IGDA日本 > GlobalGameJam
GlobalGameJam : 「Global Game Jamの登場と注目を受ける背景」GGJ11東京会場キーノート主旨掲載
投稿者 : shin  投稿日時: 2012-01-10 10:26 (2845 ヒット)   

 2011年に東京工科大学で開催された「GGJ東京」で、スタートに合わせて、新清士が、基調講演「国内外のゲーム産業と教育事例」をさせていただいています。その講演主旨が、文部科学省の報告書に収録されています。その全文を「IGDA日本アカデミックBlog」に転載しました。

 
 
 なぜ、Global Game Jamが注目すべき重要なイベントなのか、どういう背景から登場することになったのかを紹介している内容です。なぜ、インディゲームはこの10年で台頭してくるようになったのか、GGJに近いコンセプトへと発展することになったカーネギーメロン大学のプロジェクトなどを紹介させていただいています。
 長文ではありますが、ご参照いただければ幸いです。
 
参照元は以下のPDFファイルです。
 
文部科学省のポータルサイトで東京工科大学グループの成果報告
報告書「ゲーム産業における実践的OJT/OFF-JT 体感型教育プログラム」 より
 
4.2 国内外のゲーム産業と教育事例
― GGJ2011 東京サイト 基調講演主旨 ―
 
IGDA 日本支部 新 清士
 
 今回開催される Global Game Jam2011 に、日本から150名もの参加があるというこ とは、今後世界のゲーム史を見てみても、極めて重要な出来事として記憶される可能性が高い。
 というのも、今年はゲーム産業、ゲーム開発において、大きなパラダイム・シフト がまさに起きつつある時期だからである。パラダイムとは「世界をどのように見るか」、 パラダイム・シフトとは「世界の見方、とらえ方が変わる」ということである。パラダイ ム・シフトが起きているときは、それに巻き込まれている人は、パラダイム・シフトが起 きていること自体自覚することが極めて難しい。
 
 ゲーム産業に関しては、パラダイム・シフトは常に、新たなコンソールマシンの開発と、 そのハードウェアの特徴を活かしたゲームタイトルによってもたらされた、いわば「企業 側からの提案」として起こってきた。このパラダイム・シフトに関与するには、企業側に いなければ関与することはできない。しかし、Global Game Jamは、自分さえ望めば誰 でもこのパラダイム・シフトに関与できるという、これまでに無かったイベントである。
 
Global Game Jamの重要度は、現状のゲーム開発をとりまく様々な問題や危機意識を共有する、特に現場のクリエイターから認知が広がってきており、これはユーザの不満とも 合致する。企業ではなく、ゲームに実際に触れる側に充満したムードが、一気にシンクロ クロニシティをよび、一気に勢いづくタイミングなのである。
 
 といっても、Global Game Jamで、コンソール機の開発が行われるわけではない。参加者はいつも手慣れたツールや開発環境を使い、主に PC 上で動作するゲームを作る。出 来上がったゲームは専用の web サイトにアップロードし、ユーザがこれをダウンロード してプレイするというイベントである。しかも、これが直接ビジネスになるわけではない。
 
 にも関わらず、なぜこの世界同時多発イベントがこれだけ注目すべき存在なのだろうか。 これを理解するには、ここ 10 年ほどのゲーム開発をめぐる動向を俯瞰する必要がある。

 


この記事に関連した記事

印刷用ページ 

Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project