Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

IGDA日本 > SIG-Indie
SIG-Indie : インディゲームUstセミナー#01 「インディゲームパワー世界潮流―GDC2013から先読みする新しい創造性」【1月11日(金)20:00-】
投稿者 : yakumo  投稿日時: 2013-01-12 03:14 (6719 ヒット)   
SIG-Indie

インディゲームUstセミナー #01
「インディゲームパワー世界潮流―GDC2013から先読みする新しい創造性」

1月12日追記:Ustセミナーの録画アドレスは下記です。当日は配信が安定せず、視聴しづらかった点が多々あったかと思いますが、多くの方にご試聴いただき、ありがとうございました。第3部では同人サークル代表として、D.N.A.さん(D.N.A. Softwares)にもご参加いただきました。なお、当日のスライドはこちらです。最後に会場をご提供いただいたハッチアップ様 に改めて御礼を申しあげます。

その1 その2 その3

 

 

 

 

 

1月7日追記:Ustセミナーの聴講が可能になりました。申し込みは「ここをクリック」してください

このUstreamでは、3月25日-29日に米サンフランシスコで開催される「Game Developers Confecence 2013」の様子を先取りしてご紹介しながら、今、「インディゲーム」のパワーがゲーム表現の世界を大きく変化させていく様子を読み解いていきます。同時に、日本のインディにあたり、独自の文化を築き上げてきた「同人ゲーム」との違いや、世界に出ていこうとしている日本の開発者の実情や挑戦、また可能性も探っていきます。

主催    IGDA日本
日時    2013年1月11日(金) 20:00-21:30
出演    新清士(IGDA日本) 小野憲史(IGDA日本) 七邊信重(IGDA日本SIG-INDIE)
配信アドレス    http://www.ustream.tv/channel/sig-indie

■趣旨説明
インディゲームは、新しいゲームのメディア表現を求めて開発されている傾向があり、その加速化にはGDCが大きな役割を担ってきました。特に、期間中に開催されるIndipendent Game Festivalは、世界のインディ開発者が目標とする重要な場となっています。本UstreamではSIG-Indieにより、その現状とトレンドについて解説いたします。

また、昨年から開始された特にインディ開発者を中心に作られた展示ブース「GDC Play」(後半3日間)は、新しい商談といったビジネス機会を生み出す場として、大きな成功をおさめ、今年はさらに拡張されて開催されることが予定されています。例年通り、「Indipendent Game Summit」(前半2日間)も今年も開催されます。

ネットディストリビューションの仕組みが一般化し、開発環境のコモディティ化が進むことによって新しい「インディペンデントゲーム」の開発者たちが、世界中に登場するようになってきました。市場形成で先行したSteam、家庭用ゲーム機で一般化したXbox Live Arcade、PlayStation Network、さらには、iPhoneのApp Store、Google Playなど、多様で新しいゲームの表現方法が模索されています。

世界中でマーチャンダイズ展開に成功した「Angry Birds」、日本でも大きな人気となった「Minecraft」、アーティスティックなゲームが話題を呼んだ「風ノ旅ビト」など様々なヒットタイトルがこの数年で登場してきています。また、ドキュメンタリー「Indie Game the Movie」が公開され、日本でも物議を醸し出しました。この分野では、毎年のように新しいキラ星が登場します。

一方で、日本の同人ゲームで世界のネット流通に積極的に挑戦していこうとするサークルやそれを支援する企業も出てくるようになりました。それらについても紹介しながら、世界の変化を追っていきます。


印刷用ページ 

Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project