IGDA日本 同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie) 第10回研究会「PlayStation Mobileの現状と可能性」【6月1日(土) 11:20-】東京

投稿日時 2013-06-18 23:55 | カテゴリ: SIG-Indie

IGDA日本 同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie)
第10回研究会「PlayStation Mobileの現状と可能性」  

6月23日追記 SIG-INDIEブログ更新。当日の講演者の講演資料と記事リンクがアップされました。

6月19日追記 当日のSCE講演資料がウェブにアップされました。

研究会のレポート記事が掲載されました。

インディーゲーム開発コミュニティを活性化するSIG-Indieの活動

ソーシャルゲームと家庭用ゲームのユーザー比較 

大前弘樹氏が語るPlayStation MobileとUnityの関係

とぎゃったーのまとめはこちら 

 

 

 

 

 


5月9日追記 PSモバイルのパブリッシャーライセンスが期間限定(2013年5月8日-9月20日)で登録費無料 となりました。ちょうどセミナー開催と重なるため、ご関心をお持ちの方はぜひ、足をお運びください。

 

5月16日追記 研究会のみの入場券は完売しました! またプログラムを一部修正しました。

IGDA日本(国際ゲーム開発者協会日本) 同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie)は、第10回研究会を2013年6月1日(土)に開催いたします。

現在、インディーズ開発者のゲーム発表環境が急速に整備されてきています。PCのSTEAM、Xbox360のXBLA/XBLIG、iOSのAppStore、GooglePlayに加えて、近年は、PlayStation VitaやXperia、他のスマートフォン向けの開発・発表環境、「PlayStation Mobile(PSモバイル)」も選択肢に入るようになりました。

日本発のプラットフォームであり、PS Vitaの好調もあって、関心をお持ちの方も多いと思います。一方で、新興のプラットフォームであるため、可能性は未知数と思っている方も多いと思います。そこで、今回のSIG-INDIEでは、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の方によるブリーフィングと、すでにPSモバイル向けにゲームを発表した開発者の方によるポストモーテム(事後分析)を主体とした研究会を、SCEさんの社内で行うことになりました。

SCE、開発者の方にお話を伺ったり、制作者サイドの要望を伝える、またとない機会です。PSモバイルでゲームを発表しようと考えているサークル、開発者の方はふるってご参加ください!

 <概要>
■日時 :2013年6月1日(土) 11:20-18:00 (受付時間10:20-) ※懇親会 18:30-20:30
■場所 :ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE) SSJ品川ビル http://www.scei.co.jp/corporate/data/map.html
■主催 :特定非営利活動法人 国際ゲーム開発者協会日本(NPO法人 IGDA日本)
■定員 :80名  (ゲームに関心のある方であれば、どなたでも参加できます)

■参加費:
◎研究会のみ: 2,000円 (入場券チケットを購入して下さい)
◎研究会および懇親会: 5,500円 (全席自由チケットを購入して下さい) ※懇親会のみチケットはありません。

■受付終了日: 5月30日(木) 18:00

■申し込み方法:
◆PC用購入ページリンクURL
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002099779P0050001P006001P0030001

◆携帯用購入ページリンクURL
http://eplus.jp/m/msys/T1U55P0010844P0100P002099779P0050001P006001P0030001?uid=NULLGWDOCOMO
※チケットの販売開始は、「e+」というチケット販売代理システムを利用して行います。詳しくは、後述の情報をご覧下さい。

■取材について: 取材希望のプレスの方がいらっしゃいましたら、事前にお問い合わせくださいませ。

■会場に関する注意:
※e+チケットを忘れると、ご入場いただけません。ご注意ください。
※食べ物の持ち込みが可能です。昼食時に、エレベーターが混雑することが予想されますため、極力、昼食をご持参下さい。

◎プログラム

第1部

11:20-11:30 七邊信重(マルチメディア振興センター)
「企画趣旨のご説明と、SIG-INDIE、東京ロケテゲームショウ、TGSインディーズのご紹介」

11:30-12:00 小山友介(芝浦工業大学)
「ソーシャルゲームユーザーと家庭用ユーザーの違いと重なり」

<休憩>

第2部

13:00-13:30 浅野剛史(ソニー・コンピュータエンタテインメント モバイルサービス事業推進部) https://psm.playstation.net/portal/ja/#register
「PlayStation Mobile現況および今後の展開について」

13:30-13:50 調整中(ソニー・コンピュータエンタテインメント)
「PlayStation Mobile技術解説」

13:50-14:20 大前広樹(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)
「PlayStation MobileとUnity」

<休憩>

14:35-15:05 isao(神奈川電子技術研究所) http://www.shindenken.org/top.html
「『僕は森世界の神になる』がPlayStation Mobileで発売されるまでの流れ」

15:05-15:35 佐川直樹(こびとスタジオ) http://www.angelword.net/kobitostudio/
「PSMとXNA - とある同人サークルの一存」

<休憩>

15:45-16:15 マサシロウ(ぜろじげん) http://blog.zerozigen.com/
「PSMで多言語ノベルゲームを作る - シムシップ(世界同時配信)を狙う、あるサークルの野望と現実」

16:15-16:45 山田八畳丸(サークルやまどん!) http://ameblo.jp/y8jo/
「PSM向けノベルゲームの開発の課題」

<休憩>

第3部

17:00-18:00 モデレーター:板垣(IGDA日本監事)
パネルディスカッション(もしくはQ&A)

--
18:30-20:30
懇親会

■参加申し込みのためのチケット購入の方法と、注意点(必ずお読みください)
入場チケットの販売は、チケット販売システムの「e+(イープラス)」を利用して行います。

■参加費用について
・入場券(2,000円)=SIG-INDIE研究会のみに参加
・全席自由(5,500円)=研究会および懇親会の両方に参加

参加形態を選ぶことで、参加できます。上記以外の参加形態はございません。いずれも事前振込が必要です。以下の「振り込みについて」をご覧ください。

PC用購入ページリンクURL

携帯用購入ページリンクURL

・研究会の参加に必要なチケット枚数は1人につき1枚です。入場券チケット、もしくは、全席自由チケットを1名につき1枚ご購入ください。

・当日の飛び込みができない仕組みになっています。また、席数に限りがあります。
申込数が一杯になり次第、各チケットの受付が終わりますので、ご注意ください。

・当日キャンセルによる返金はいたしませんので、予めご了承下さい。
・チケット購入に関わる手数料は、参加者負担とします。
手数料一覧 http://eplus.jp/page/eplus/whats/charge.html
・チケットを郵送で受け取る手続きには別途600円が必要です。
・手数料を0円にするには、ファミリーマートまたはセブン-イレブンにて現金でチケットを受け取る(「すぐチケ」)をご利用ください。
----ファミリーマートまたはセブン-イレブンで支払いをして、受け取りをすると無料になります(推奨)
・FAQ 「すぐチケ」とは?
http://w1.onlineticket.jp/tkt1/web/info/sugu.html
http://eplus.jp/page/eplus/sugu/guide.html

■費用に関する注意
・参加費は、当日の運営費用として使用させて頂くほか、IGDA日本の運営費用として使用させて頂きます。
・懇親会費は、実費です。

■会場に関する注意
・e+チケットを忘れると、ご入場いただけません。ご注意ください。
・食べ物の持ち込みが可能です。昼食時に、エレベーターが混雑することが予想されますため、極力、昼食をご持参下さい。

■ セミナーお申し込みに関する問い合わせは、IGDA日本代表 小野 までお願いいたします。
info@igda.jp

SIG-Indieの世話人は、七邊信重(マルチメディア振興センター)、小山友介(芝浦工業大学)、大澤範之(Maniac House)です。





IGDA Japan chapterにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://old2014.igda.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://old2014.igda.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=1014