第2回シリアスゲームジャム【6月28日(土)・29日(日)】

投稿日時 2014-06-24 12:38 | カテゴリ: Event/Seminar

第2回シリアスゲームジャム

-Game Jam for Cyber Security Education-

サイバーセキュリティ教育をテーマとしたシリアスゲームジャムが開催されます。すでに参加者は確定しており、SNS上でグループに分かれて企画会議や先行開発が行われていますが、当日の見学枠もあるようです。ご関心のある方は実行委員会(文末に表記)までお問い合わせください(以下リリース転載)。
関係各位
【お知らせ】第2回「シリアスゲームジャム」開催のご案内
主催:シリアスゲームジャム実行委員会
実行委員長:日本大学生産工学部 古市昌一

2014年6月28日(土)、29日(日)に第2回シリアスゲームジャム -Game Jam for Cyber Security Education-を開催致します。
シリアスゲームとは社会の諸問題解決を目的としたコンピュータゲームのことで、教育・訓練分野等での活用が期待されています。またゲームジャムとは短期間でゲームを制作するイベントで、本年2月に開催した第1回シリアスゲームジャムでは「英語教育」をテーマとして5本のシリアスゲームを2日間で制作しました。
第2回は「サイバーセキュリティ教育」をテーマとし、6本のシリアスゲームの制作を予定しています。本テーマを選択した理由は、我が国において現在潜在的に約8万人のセキュリティ人材が不足しているという問題があり(情報セキュリティ戦略会議「サイバーセキュリティ戦略」の報告による)、この問題解決のためにシリアスゲームを活用できるのではないかと考えるからです。

シリアスゲームジャム実施にあたり、5月11日(日)に約60名の大学生がサイバーセキュリティの専門家の方から標的型メール攻撃についてのレクチャーを受け、5月26日には日本大学生産工学部と東京工科大学の2会場にてペラコンを実施し、合計42件のペラ企画が発表されました。その中から6本のシリアスゲームを6月28日(土)に2会場に分かれて制作し、29日(日)には東京会場で参加者全員が集合して制作した後、発表会を行います。

シリアスゲームジャムで制作したゲームは、サイバーセキュリティの教育を実施する機関等で利用していただき、その結果のフィードバックを得ることを目的として利用します。シリアスゲームジャムを通じて、ゲームの社会貢献力をより広く示すことができるよう、期待しています。

━━━━━━━━━━━━≪ 開 催 概 要 ≫━━━━━━━━━━━━

第2回シリアスゲームジャム -Game Jam for Cyber Security Education-

http://www.mediadesignlabs.org/seriousgame/

会 期  : 2014年6月28日(土)-29日(日)  各日9:30受付開始予定
会 場 : 
6月28日(土)
第一会場:日本大学生産工学部(千葉県習志野市)
http://www.cit.nihon-u.ac.jp/
第二会場:東京工科大学(東京都八王子市)
http://www.teu.ac.jp/
6月29日(日)
(株)ラック (東京都千代田区平河町)
http://www.lac.co.jp/corporate/access.html
主 催:シリアスゲームジャム実行委員会
委 員:
第2回シリアスゲームジャム実行委員長  日本大学 生産工学部 古市昌一
第2回シリアスゲームジャム実行委員
東京工科大学 メディア学部 三上浩司,岸本好弘
防衛大学校 井手達夫
NPO法人 IGDA日本 小野憲史、中林寿文
日本大学 生産工学部、DiGRA Japan 粟飯原萌
協 力: 
NPO法人 国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)
日本デジタルゲーム学会(DiGRA Japan)
(株)ラック
問合わせ先: 日本大学生産工学部 古市(furuichi.masakazu@nihon-u.ac.jp)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 





IGDA Japan chapterにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://old2014.igda.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://old2014.igda.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=1279