ゲームクリエイター育成研究セミナー/Unity活用編 名古屋【3月27日(金)】名古屋

投稿日時 2015-03-16 05:34 | カテゴリ: TOP

ゲームクリエイター育成研究セミナー
【Unity活用編 名古屋】


3月27日(金)  名古屋情報メディア専門学校

 
名古屋でUnityの活用に特化したセミナーが開催されます。ゲームデザイン・ビジュアル・プログラミングと包括的に学べるセミナーで、CG-ARTS協会認定校の割引も用意されています(以下リリース転載)
昨年9月に開催し、大変好評であった当セミナーを半日コースに編成して名古屋会場にて実施いたします。
ゲーム開発は、家庭用ゲーム機からスマートフォンまで大小さまざまなコンテンツが日々開発されています。技術の進化にあわせ、制作環境も「ゲームエンジン」も進化し、ゲーム開発も非常に効率的になりました。
 
一方、ゲーム開発には、ゲームデザイン、ビジュアルアーティスト、ゲームプログラマー等、異なる職能の協力なしでは進められません。それぞれの職能の育成は「ゲームエンジン」があるからといって、全てが解決されるわけではなく、職種ごとに習得すべきポイントがあります。
 
今回のセミナーでは、ゲームクリエイター育成研究セミナー【Unity活用編】と題し、ゲーム開発に関わる職種における教育ポイントを、ゲームエンジン「Unity」を活用しながら習得することができます。
 
制作現場におけるプロデューサーやディレクターなどを志向される方にとっても、それぞれの職種の内容を総合的に学べる有益な内容となっております。ぜひご参加ください。
 
■日程 2015年3月27日(金)14:00 - 18:50(開場13:45)
 
■場所:名古屋情報メディア専門学校[名古屋市熱田区大宝4丁目19番14号]
 
■定員 30名
 
■受講料 一般10,000円(税込)、認定校割引7,000円(税込)
 
■プログラム
14:00  イントロダクション
    ・ゲーム業界動向
    ・ゲームクリエイター育成(職種ごとの学習項目、育成の問題点)
    ・理想的なカリキュラム構成と実践例
 
14:30  Unity実習 ゲームデザイナー編
    ・Unityスタートアップ(基本操作の習得)
    ・レベルデザイン演習
    ・チューニングによる面白さの追求
 
16:00  Unity実習 ビジュアルアーティスト編
    ・グラフィックアセットモデリング(ゲームモデリングの特性と注意点)
    ・アニメーション(DCCツールからのパイプライン、Mechanimステートマシン)
    ・エフェクト
 
17:30  Unity実習 プログラマー編
    ・オブジェクト指向とゲームプログラミング
    ・Unityによるコーディング
 
※本セミナーの内容は予告無く変更させていただくことがございますのでご了承ください。
 
■講師  株式会社 もももワークス 川島 基展氏
 
慶應義塾大学政策・メディア研究科修士課程修了。在学時より、フリーランスとしてCGコンテンツ制作業務を始める。卒業後、同大学コンソーシアムEENプロジェクト研究員を経て、1999年の東京工科大学片柳研究所クリエイティブ・ラボの創設時から参加。同研究所でのCGコンテンツ制作技術の研究開発やコンテンツ制作に従事するとともに、同大学メディア学部でのCGアニメーション教育や、姉妹校である日本工学院専門学校の教育支援に携わってきた。

現在は株式会社もももワークスにてAutodesk Maya、Unity、Unreal Engineなどを活用したCGコンテンツ制作やゲームコンテンツ開発を行う傍ら、東京工科大学メディア学部、東邦大学理学部、湘南工科大学工学部でのCGクリエイター育成に携わっている。
 
■対象
・学校や企業で、Unityを使ったゲーム教育の検討をされている方。
・ゲーム制作における効果的な教育方法を学びたい方。
・プロデューサーやディレクターを志向し、制作全般を網羅的に学びたい方。
 
■想定スキル(受講条件)
・ゲームデザイナー編では、Unityの初歩的な使い方から講義を行います。
・ビジュアルアーティスト編では、Autodesk社のMaya、Mudboxを使用します。
・プログラマー編では、C#を使った簡単なコーディングを行います(初心者の方でも演習についてこられるようにサンプルデータは準備いたします。)
 
■申し込み方法  下記URLのWebフォームより申し込みください。
 
 
 




IGDA Japan chapterにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://old2014.igda.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://old2014.igda.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=1389