Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

  
投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2013-03-10 01:37 (1667 ヒット)   

PRESS RELEASE
2013_2_28
「モンケン」

 
ビル破壊+人質解放 アクションゲーム
パソコン+スマートフォン+タッチデバイス向けソフト

(※2月28日、黒川文雄の「黒川塾 六」にて発表したプロジェクト「モンケン」をご案内します。)(画面ならびにキャラクターは開発中のものです)

「創ってみたい/遊んでみたい、けどこの世に存在しない」ゲームがある・・・。
「だったら作ってしまおう!」というコンセプトのもと、このコンテンツとプロジェクトチーム「チーム・グランドスラム」は組成されました。

プロジェクトメンバーは、企画原案コンプセプトには、音楽・映画・映像・ゲーム開発、オンラインゲーム開発製作などを経て、エンタメ界のグランドスラム達成者であり、現在はメディアコンテンツ研究家として活躍する黒川文雄、ゲーム企画、仕様策定には、「アクアノートの休日」「巨人のドシン」「ディシプリン*帝国の誕生」「エヴァンゲリヲン新劇場版-サウンドインパクト-」などのコンテンツを世に問うた、飯田和敏、ゲームの世界観を変革したセガの3次元格闘ゲーム「バーチャファイター」「剣豪」「LUMINES」をはじめ数多くのゲームサウンド制作や、日本科学未来館常設展示「アナグラのうた〜消えた博士と残された装置〜」のサウンド制作で知られる中村隆之、「チュウリップ」「牧場物語  わくわくアニマルマーチ」「ディシプリン*帝国の誕生」や、日本科学未来館常設展示「アナグラのうた〜消えた博士と残された装置〜」のアートディレクションを担当した納口龍司が顔をそろえました。すべてのメンバーがゲーム業界の第一線で活躍するメンバーですが、大手資本に依らずインデイーズとして本プロジェクトを進めております。

残り3957字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2013-03-07 23:23 (1822 ヒット)   

マッチロック、ソニー・コンピュータエンタテインメント
「プレイステーション 4」専用ソフトウェア開発用
3D エフェクトツール&ミドルウェア

「BISHAMON for PlayStation4」を
近日リリース予定


リアルタイムビジュアルエフェクトツールのグローバルスタンダードを目指すゲームミドルウェア開発会社のマッチロック株式会社 (代表取締役:藤本文彦、本社:東京都渋谷区、資本金:2,500 万円、 以下マッチロック社) は、3D エフェクトミドルウェア「BISHAMON(ビシャモン)」の、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの「プレイステーション 4」専用ソフトウェア開発に特化したバージョン『BISHAMON for PlayStation4(ビシャモン・フォー・プレイステーション 4)』を開発中で、近日リリースする予定であることを発表致します。

残り1111字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2013-03-07 09:57 (1605 ヒット)   

project EF-12 バージョン1.0公開のお知らせ

株式会社クアッドアロー(本社:東京都港区、代表取締役 小野口正浩 以下クアッドアロー)は2013年3月8日に「Project EF-12 version 1.0(以下EF-12)」を公開いたしました。

[ Project EF-12 Website ]    http://ef-12.com/

EF-12は「クリエイティブをゲームとする」ことをコンセプトとして作られた、Windows用の格闘ゲームModアプリケーションです。そのコンセプトから、ゲーム本編だけでなく専用のデータコンバータや解説ドキュメントを公開し、さらに500以上のモーションデータを含めた多数のサンプルデータが一般的なCGツールで開けるリソースデータの形で自由にダウンロードできるようになっています。

残り506字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2013-02-14 08:19 (2150 ヒット)   

CRI、無償版サウンド開発ツール「CRI ADX2 LE」の一般提供を開始

 
 
GlobalGameJam2013で先行公開された、無償版サウンド開発ツール「CRI ADX2 LE」の一般提供が、いよいよ2月14日(木)から始まりました。詳細およびダウンロードは上記リンクから行えます。
 
「ADX2 LE」は、ゲームオーディオ・映像関連ミドルウェアの提供などを手がけるCRI・ミドルウェアが、商業開発向けに15年以上提供している「CRI ADX2」をベースとしています。中でもオーサリングツールについては、完全に同じ機能が搭載されています。
 
また「Unity Pro」に対応しており、制作したサウンドはiOS、Android、PC向けのゲーム・アプリに組込むことが可能です。WAVフォーマットでの保存にも対応しており、動画素材と合わせたり、ドラマCDや音声コンテンツの効果音/ジングル制作といった、ゲーム以外の用途にも広く使用できます。
 
同社では、定期的に「ADX2 LE」の無料ワークショップを開催しています。初心者向け、中級者向けなど様々な内容で開催される予定とのことなので、ぜひチェックしてみてください。Twitterアカウント:@ringo_criでも最新情報が随時配信されています。
 
イベント・セミナー情報:http://www.adx2le.com/event/index.html


投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2013-01-10 01:41 (6151 ヒット)   

CRI、インディーズ向けに無償版サウンド開発ツール「CRI ADX2 LE」を展開
GGJ2013参加者を対象に先行ワークショップも実施
 
<1月22日-24日 19:30-21:00 会場:CRI・ミドルウェア会議室>
 
ゲームオーディオ・映像関連ミドルウェアの提供などで有名なCRI・ミドルウェアから、無償版サウンド開発ツール「CRI ADX2 LE」が提供されることになりました。
これはプロ向けに15年以上愛用されている「CRI ADX2」がベースで、完全に同じ機能のオーサリングツールが提供されています。ゲームエンジン「Unity」向けのフォーマットでデータを出力する機能もあり、「ADX2 LE」で制作したサウンドをiOS、Android、PC 向けのゲーム・アプリに組み込むことが可能です。プロの開発者向けにも手軽な試用版として活用できるとしています。
また同社ではGlobalGameJam2013で「ADX2 LE GGJ 版」を先行提供すると共に、参加者を対象とした先行ワークショップも開催することになりました。サウンドオーサリングツールの基本操作から、ゲームへの組み込み方まで体験することができます。
通常GameJamでは時間の関係などから、どうしてもウェブ上のフリー音源をダウンロードし、開発の最終段階で組み込みがちになってしまいがちです。この機会にツールの使い方を予習し、本番ではリッチなサウンドを用いたゲーム開発、さらにはオーディオ先行のゲーム企画などにも、挑戦してみてはどうでしょうか?

残り493字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2012-11-08 02:34 (3772 ヒット)   

新ハード「OUYA」の開発者向けSDKが12月に配布予定

キックスターターで約6億7500万円を集めたとして、ゲーム業界の話題を集めた新ハード「OUYA」。Android 4.1ベースで、4コア仕様のTegra3、1GBメモリ、8GBの内蔵フラッシュストレージ、HDMI、WiFi、Bluetooth、USB 2.0などのインターフェースを搭載する据え置き型ゲーム機です。本体+1コントローラーで109ドルという低価格で発売され、すでに予約も開始されています。

このディベロッパー向けSDKが、いよいよ12月から配信されることが、公式サイトのブログで明らかになりました。まだ不明な点も多い同ハードですが、すでにバンダイナムコゲームズの海外Facebookサイトで、どのようなソフトをプレイしたいか、ファンと一緒に議論が行われており、海外では一定の評価を得ているようです。インディーズゲームの新たな受け皿としても注目されます。
 
今回カイオスの協力でブログの日本語参考訳をアップいたしましたので、ご参照ください。また本件に関するお問い合わせなどは、同社までよろしくお願いします。
 
Game Developers: How to Get Started on OUYA Now
Posted on: October 31st, 2012 | 14 Comments
ゲーム開発者のみなさんへ:OUYAをすぐに始めるには!

残り2390字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2012-11-01 03:48 (2188 ヒット)   

「Game Connection America 2013」 ジャパン/ジェトロブースのお知らせ

ジェトロは、2013年3月に米国・サンフランシスコで開催される「 Game Connection America 2013 (以下、GC」にジャパン/ジェトロブースを設置し、ゲームコンテンツの輸出に取り組むわが国中小企業の海外展開を支援します。 

ゲーム・コンテンツの商談の場として、是非、GCジャパン/ジェトロブースをご活用下さい。
 
■Game Connection America 2013 概要
期間:2013年3月25日(月曜)-27日(水曜) 
開催地:米国・サンフランシスコ 
場所:Sir Francis Drake Hotel(450 Powell Street, San Francisco, CA) 
ジャパン/ジェトロブース
■主催・運営:ジェトロ 
■募集企業数:10社程度(審査のうえ、参加の可否を決定します) 
■対象分野:日本製ゲーム 
■設備(予定):テーブル、椅子、ポスター掲示スペース等 
※ブースは共同で使用していただきます。原則、1社1テーブルセットを用意しますが、配置場所はジェトロにご一任ください。 

残り2780字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2012-10-15 04:46 (2609 ヒット)   

ゲームエフェクトコンテスト

BISHAMONでおなじみのマッチロック社が国内で唯一となるソーシャルメディアを活用したゲームエフェクトコンテストを開催します。ゲームエフェクトコンテスト特設ページはこちらです。


BISHAMON(ゲーム用パーティクルエフェクトツール)の開発・販売を行うマッチロック株式会社 (代表取締役:藤本文彦) が、11 月にTwitterというソーシャルメディアを活かした国内初のゲームエフェクトコ ンテストを開催します。

2008年に行われた第1回エフェクトコンテストから4年、長い沈黙を破り国内唯 一のゲームエフェクトコンテストとして11月に復活開催すること になりまし た。応募はBISHAMON PersonalのTwitterボタンから応募が出来ます(Twitterボタンに対応したBISHAMON Personalをリリース予定)。応募された作品は特定のハッシュタグで纏められ、リンクされている作品が審査の対象となります。

残り378字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2012-10-01 03:06 (2622 ヒット)   

HSPプログラミングコンテスト開催中

プログラム言語HSP(Hot Soup Processor)により作られた作品を募集し表彰する「HSPプログラムコンテスト」が絶賛開催中です。応募作品の締め切りは10月31日となっていますので、ぜひ一人でも多くの方にご参加ください。

IGDA日本はHSPプログラムコンテストの後援団体です。
 
====以下転載====
HSPプログラムコンテストは、プログラム言語HSP(Hot Soup Processor)により作られた作品を募集し表彰するイベントです。2003年以降、毎年開催され、累計4000本以上の応募作品が寄せられているHSPの祭典です。
技術の優劣を競うのが目的ではなく、プログラミングの楽しさを 広く知ってもらうとともに、 発表の機会を提供したいと考えています。 上級者はもちろん、初めて HSP をお使いになる方まで、誰でも応募することができます。
また、応募者以外もネット審査員として作品の評価をすることでコンテストに参加する ことができます。あなたも、コンテスト審査員として優秀な作品を推薦してみませんか? こちらのページから、ネット審査員の登録をすることができます。ネット審査員には、 コンテスト参加者として参加賞を始めとする特典が用意されています。

残り559字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2012-09-28 02:38 (2933 ヒット)   

第2回「9leap」前期審査発表

CEDEC AWARDS 2012のネットワーク部門で最優秀賞を受賞し、関連書籍も続々と出版中。機能もバリバリと追加中と、メキメキと株が上がっているHTML5+Java Scriptゲームエンジン「enchant.js」。そのenchant.jsで、今年もスマートフォン向けオリジナルゲーム開発コンテスト「9leap(ナインリープ)」(主催:ユビキタスエンターテインメント・D2C)が開催中です。

その前期審査結果が発表され、優秀賞5作品と奨励賞2作品が選定されました。リンクをクリックするだけで遊べますので、ぜひプレイしてみてください。そして「これなら、俺様の方が何倍もおもしろいゲームが作れる!」と思った皆さん、ぜひ9月1日から開始されている後期コンテストに応募してみてください。前期・後期を通した最優秀賞には、GDC2013の視察旅行に加えて、IGDA日本が毎年現地で開催している業界人向けパーティに参加し、大勢のプロの前でプレゼンできる権利が授与されます。
なんたって、あのGDCに無料で参加できる! そして自分が作ったゲームを、GDCに参加するような現役バリバリのプロの前で紹介できる! こんなチャンスは、滅多にありませんよ。一人でも多くの方の参加を期待しています。
 

残り1539字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2012-09-26 08:49 (2073 ヒット)   

BISHAMONスターターセット特典キャンペーン

今年のGDCで伝説となった「suck」事件で、世界中のインディーズシーンに波紋を広げた後藤誠さんから、ゲームエフェクトツール「BIHSAMON」のスターター・セット特典キャンペーンに関するリリースが届きました。非常にお得なセットとなっていますので、ぜひご活用ください。

=========================
 
日本の同人/インディーズ・ゲーム開発者を初め多くのゲームエフェクトに興味を持つ方をご支援をさせて頂くべく、この度「BIHSAMONのスターター・セット特典キャンペーン」をさせて頂くことになりました。
 
期間限定:BISHAMONスターター・セット特典キャンペーン!!(9/26-10/10)
 
Bishamon Personal
 (サブスクリプション版/スタンドアローン版) を購入すると以下の特典が貰える!!
特典
 + エフェクトデータライブラリー Vol.2
 + Bishamon SDK for DirectX9 (半年ライセンス版)
 
マッチロック・ストアからご購入の方

残り818字 |続きを読む |

投稿者 : Kaneko  投稿日時: 2012-09-20 05:19 (2722 ヒット)   

熊本から世界と勝負する。

熊本発アプリ開発集団 『熊本 Apps!』 旗揚げ

企業のマーケティング支援や地域活性化支援を行うプライムスイッチ株式会社(本社:東京都 渋谷区、代表取締役社長:内村安里)は、崇城大学 情報学部 和泉信生助教・熊本高等専門学 校 専攻科(電子情報システム工学専攻)大塚弘文教授と共に、熊本発アプリ開発集団『熊本 Apps!』を旗揚げしました。

残り1070字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2012-08-29 04:48 (2265 ヒット)   

誰もが参加出来るゲームプログラミングコンテスト!

UEI、9月の「9leap 9Days Challenge」を開催
テーマは「ネオ・クラシック」
 
株式会社ユビキタスエンターテインメント(以下:UEI、ヨミ:ユーイーアイ、本社:東京都文京区、代表取締役社長 兼 CEO:清水 亮)は、2012年9月1日(土)-9日(日)までの9日間、「9leap 9Days Challenge #5」(ナインリープ・ナインデイズ・チャレンジ #5)を開催致します。学生から社会人まで誰でも参加することができる期間限定のミニゲーム開発コンテストです。
 
2012年度の第5回目「9leap 9Days Challenge」は、「ネオ・クラシック」をテーマにしたゲームを募集致します。昔懐かしいクラシカルなゲームを、あなたのアイデアで蘇らせてください。
 
応募方法は「9leap(ナインリープ)」(http://9leap.net/)へゲームファイルを投稿するだけ。日本在住でTwitterアカウントを持っていれば、どなたでも参加することができます。
 
■9leap 9days Challenge #5 (ナインリープ・ナインデイズ・チャレンジ #5) 概要
募集期間:2012年9月1日(土)-2012年9月9日(日) 23:59までの投稿作品 (9日間)
審査期間:2012年9月1日(土)-2012年9月30日(日)まで (30日間)
受賞作品発表:2012年10月上旬予定
募集内容:JavaScriptで書かれたスマートフォンで動作するオリジナルの「ネオ・クラシック」をテーマにしたゲーム
作品応募方法:9leap公式サイトから投稿
審査方法:ゲームのクオリティ、プレイされたユーザ数と回数、お気に入りにされた数などを考慮し選考
賞品:EOS M・EF-M22 STM レンズキット(優勝1作品)
5,000円分図書カード(テクニック賞、インパクト賞各1作品)
 
※賞品は変更する可能性があります。

残り860字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2012-08-13 02:54 (1992 ヒット)   

ルクセンブルクでゲーム業界イベント向けに無料ブースを提供

ルクセンブルクで開催されるゲーム業界イベント「ルクセンブルク・ゲーミング・ドットコム」で、B2Bの無料ブースが提供されるそうです。オンラインゲーム企業の欧州向けパートナー探しや商談などにご活用ください。

====以下メール転載====

イベント名: “luxembourg-gaming.com” (ルクセンブルク・ゲーミング・ドットコム)

日時: 201211月14)正午-22時、

会場: LUXEXPO (ルクセンブルク市)

ゲームならびにデジタルエンタテインメントコンテンツ企業には9平米の無料ブースが提供されます。

詳細は添付の日本語資料ならびに以下のウェブサイト(英語)をご覧ください。

www.luxembourg-gaming.com

 

ルクセンブルクでは数年前からオンラインゲーム企業の集積が始まり、様々な国籍のゲーム企業がルクセンブルクから欧州全域へサービスを提供しています。

こうした業界のニーズに答える形で同イベントが昨年スタートしました。

今年はマイクロソフトOnlive(米クラウドゲーミング), Kabam(米オンラインゲーム), BigPoint(独オンラインゲーム), Innova(露オンラインゲーム)

などの企業参加がすでに決まっており、日本企業からも複数お問い合わせをいただいています。

 

同イベントにはゲームやコンテンツ企業の他、通信や決済といったインフラ事業者やコンサル、ベンチャーキャピタルなどが参加する予定です。

昨年の様子を紹介したビデオに日本語字幕を付けたものを以下からご覧いただけます:

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=OEy19bqlBMA

 

ヨーロッパでのパートナー探し、現地での感触の確認などに役立つかと思いますので、是非ご参加をご検討ください。

無料ブースについてのお問合わせは当貿易投資事務所tiotokyo@mae.etat.lu宛て、または添付資料の宛先にお願いします。 


投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2012-08-13 02:13 (1826 ヒット)   

CEDECで教育関係者向けにenchant.jsワークショップを開催

===以下転載===

ゲーム業界の開発者向けイベントCEDECで、HTML5+JavaScriptベースのゲームエンジン、enchant.jsゲーム開発ワークショップを開催します。
先週大盛況に終わったLAキャンプで得た知見などをもとに、入門者にどのようにプログラミングを教えたらいいのか、といった観点からの報告や、実際にenchant.jsでゲーム開発ができるようになるまでを、前田ブロックとcode.9leapを用いて実演しようと思っています。

今年から義務教育にプログラミング実習が組み込まれることになり、益々こども向けのプログラミング教育が重要性を増して来ています。
子供がプログラミングに興味を持つのに、ゲーム開発というテーマは非常に有効だと思われるので、これを機会にプログラミング教育のあり方を一緒に考えて行ければと思っています。24名までの小さなワークショップなので、アットホームな雰囲気でやりたいと思います。

参加するにはCEDECにまず申し込んでから、下記のフォームに登録していただく必要があります。

事前申し込みフォーム

ではご参加お待ちしております。

 


« 1 2 (3) 4 5 6 »
Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project