Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

  
投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2015-02-24 02:32 (2033 ヒット)   
IGDA

LocJAM2
参加者向けワークショップ 2月15日(日)14:00 高円寺コワーキングスペース こけむさズhttp://www.locjam.org/

2月24日追記:レポート記事が掲載されました

昨年実施され、好評を博したゲーム翻訳者向けの国際競技会「LocJAM」が帰ってきました。今年は2月22日から3月1日まで1週間にわたって開催されます。2月15日には都内でワークショップも開催されます。

残り985字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2015-02-14 07:26 (4295 ヒット)   
IGDA

E3 2015 スカラーシップの申込みが始まりました

http://scholars.igda.org/

IGDAが実施するスカラーシップで、米ロサンゼルスで開催されるE3 2015(6月16日-18日)の申込みが始まりました。締切は3月24日(アメリカ太平洋時間:23時59分)です。往復の航空券やホテル滞在費などは自己負担となりますが、世界最大級、特に家庭用ゲームの中心地で行われる展示会ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

 


投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2015-01-12 23:39 (1392 ヒット)   
IGDA

GDCボランティア募集開始

締切:1月18日(日) 午後10時(太平洋標準時)

http://www.igda.org/?page=gdc2015volunteer

IGDAで毎年恒例のGDCボランティア募集がスタートしました。ボランティアスタッフには全員エキスポパスが支給されるほか、各種パーティなどにも参加できます。期間中に12-15時間程度、ブース対応などを行うのが主な役割です。ただし渡航費と滞在費などは含まれませんのでご注意ください。なおIGDA会員であれば優先して採用が行われます。


投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2014-12-26 05:46 (1232 ヒット)   

GGJ直前特別開催
新春 Photon勉強会 - 東京・渋谷 -
 
1月15日(木) 19:30-21:00 GMO Yours  【入場無料】
 
GGJ2015にむけてネットゲーム開発用ミドルウェア「Photon」の勉強会が開催されます。UnityでPhotonを使いこなすための実践的な内容になるようです。導入編に関する資料も公開されていますので、事前予習のうえで参加されると効果抜群です!

残り714字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2014-08-28 00:31 (1632 ヒット)   
IGDA

Chartboost Connection 横浜 
 
2014年9月2日(火曜) 18時30分 - 20時30分 
 
スマートフォンゲームのプラットフォームChartboost(チャートブースト)はIGDAと提携しインディーズを中心としたモバイルゲーム開発者への支援をしています。その一環として、CBC (Chartboost Connection)を横浜で開催します。

残り355字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2014-07-23 02:16 (1914 ヒット)   
IGDA

IGDAがゲーム開発者満足度調査2014を公開

IGDAが実施した「ゲーム開発者満足度調査2014」について、カレントコンテンツで記事を書きました。以下数字だけを列挙していきます。元記事には過去の調査結果も含めてリンクが張られています。またCEDECでも7月31日まで同様のウェブアンケートを開催中です。

残り609字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2014-07-03 10:59 (1916 ヒット)   
IGDA

SIG-Womenのメールインタビューでマトリックスの高崎奈美さんにご回答いただきました

IGDAのSIG-Womenでは毎月、全世界の女性ゲーム開発者に対してメールインタビューを行っています。このたび先方から依頼を受け、マトリックスの高崎奈美さんにご協力をいただきました。原文の日本語を共有させていただきますので、ぜひご覧ください。なお高崎さんはCEDEC2014でパネルディスカッション「ゲーム業界における女性の働き方」にも講師参加される予定です。

残り1563字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2014-05-04 14:24 (1640 ヒット)   
IGDA

IGDA20周年記念講演スライド&日本語参考訳

今年はIGDA設立20周年にあたります。これを記念してGDC2014では、さまざまな記念行事が行われました。そのハイライトとなったのが、創設者のアーネスト・W・アダムスによる記念講演「Herding Cats Doesn't Begin to Describe It」です。IGDA日本では本人の許諾を得て、スライド講演原稿の日本語訳を行いました。

このスライドと原稿を読むと、IGDAの学際的な性質や基本的なミッションが、すべてアダムス氏の考えから生まれ、今もなお脈々と受け継がれていることがわかります。すでにアダムス氏はIGDAの運営から退いていますが、シンプルで力強いミッションは時代を超える好例でしょう。中でも「ゲーム開発者だと名乗る人は、誰であってもゲーム開発者です」(スライド54)は、IGDAの精神を端的に表しています。

アメリカのゲーム開発文化がよくわかる資料でもありますので、ぜひご高覧されることをオススメします(なお、GDC Vaultには講演動画もアップされており、無料で視聴できます)

翻訳:小野憲史

プルーフリード:矢澤竜太(Internationalization Force)


投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2014-03-03 00:55 (2945 ヒット)   
IGDA

LocJAM コンペティション

ゲーム翻訳者が対象のユニークな競技会が開催されます。元となる英語のゲームを日本語・フランス語・イタリア語・ドイツ語・スペイン語に翻訳し、品質を競うもので、イベントはオンラインで実施され、興味のある方ならどなたでも参加できます。IGDA本体のLocalization SIGが主催し、IGDA日本もSIG-Glocalizationを中心に企画協力を行っています。ご自宅で、自分のペースで進められますので、ご関心のある方はぜひ参加ください。

残り1039字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2014-01-23 02:05 (1728 ヒット)   
IGDA

IGDA南九州 設立趣意書

鹿児島県・宮崎県を主な活動領域として、IGDA南九州支部が発足準備に入りました。現在IGDA本体に申請中です。認証されれば国内で5番目の支部となります。IGDA日本は地域支部の一つとしてIGDA南九州を強力に支援していきます。

1. 設立趣意
IGDA(国際ゲーム開発者協会)は、ゲーム開発者の国際NPOです。全世界で1万人以上の会員と101の支部 45のSIGを持つ組織です。IGDAの理念に賛同し、その活動に参加している南九州のゲーム開発者が中心となり、2014年1月のGlobal Game Jam鹿児島開催において、南九州支部を設立します。

IGDA南九州支部のミッションは、南九州2県(鹿児島、宮崎)近辺のスマートフォンゲームを中心としたスマート・コンテンツ産業および各種ゲームコンテンツ産業を盛り上げることです。このために、地場の教育機関や自治体、そして地元企業との産官学連携を柔軟に展開し、3年5年後の若い人材が育つ魅力ある産業づくりをしてまいります。

IGDA南九州支部の特徴は、東京や福岡などの、ゲーム産業集積地とのリレーションシップにあります。設立発起人である株式会社HatchUp、株式会社HASKYの東京における業界ネットワークを適宜活かし、ゲーム業界のプロフェッショナル、トップ企業との連携を模索します。南九州出身人材のU・Iターンを中長期的な取り組みで支援してまいります。

2. 運営体制
代表:村山亮太(株式会社HASKY)
運営メンバー:八反田智和、他(調整中)

公式サイト・連絡先など
https://www.facebook.com/pages/IGDA-MInami-Kyushu-Chapter/1399625310289507

email igdamk@hatchup.co.jp(暫定)

4. 主な活動内容
a.  ゲームジャム
b.  トッププロセミナー
c.  その他、地元教育機関、自治体、地元企業との産官学連携活動

5. これまでの活動実績(抜粋。2012年12月-)

残り333字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2013-11-08 01:19 (3100 ヒット)   
IGDA

GDC2014スカラーシップの募集開始
GDC2014スカラーシップの募集が開始されました。詳細&申込みサイトはこちらで、締め切りは2013年12月17日です。

残り717字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2013-10-19 08:31 (1823 ヒット)   
IGDA

ゲームデベロッパーズマガジンが全巻公開中

欧米圏のゲーム開発者御用達だった雑誌、ゲームデベロッパーズマガジンがGDC Vaultで全巻公開中です。最新技術や知見の吸収という意味では役目を終えているかもしれませんが、情報共有に対する厚みが感じられてクラクラします(結局のところ日本はまだ、ここまでの雑誌を発行するまでに至っていないわけですから)。またゲーム研究者にとっては貴重な資料になること間違いなし。この機会に一度チェックしてみてください。


投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2013-10-09 23:34 (2038 ヒット)   
IGDA

GDC Vaultで10%ディスカウント

このたびIGDA本体の会員であればGDC Vaultの視聴に際して10%の割引が受けられることになりました。

残り336字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2013-10-02 08:01 (1904 ヒット)   
IGDA

IGDA本体の公式サイトがリニューアルされました

IGDA本体の公式サイトがリニューアルされ、よりシンプルになりました。支部の欄にはIGDA日本、関西、福岡、東北も掲載されています。またIGDAの歴史も簡潔に紹介されています。GDCとの関係についても触れられていますので、まるっと翻訳してみました。

残り1260字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2013-08-15 10:28 (1440 ヒット)   
IGDA

GAME CAMP 2013 SUMMER

2013年はゲーム業界にとってアフリカ地域を再発見する年となりました。過去にもエジプトや南アフリカなど「南北」でコンソールやPCゲームのオフショア開発が行われていましたが、近年になってガーナやセネガルなど「東西」でモバイルを中心にゲーム開発が拡大しています。

中でもセネガルを中心とした西アフリカ諸国は、かつての宗主国フランスの影響もあって独自の文化を形成し、ゲーム開発クラスターとして確かな成長を見せています。2012年1月にはコートジボワールで初のゲームカンファレンス「GAME CAMP 2012」が開催。2013年2月にはセネガルの首都ダカールを中心に「GAME CAMP 2013」が開催され、会場もセントルイス(セネガル)、アビジャン(コートジボワール)、ロメ(トーゴ)、タンジール(モロッコ)と海外に広がり、総参加者数1000人を記録しました。

そして本年9月20日から22日まで、さらに規模を拡大して「GAME CAMP 2013 SUMMER」が開催されます。会場はコナクリ(ギニア)、アビジャン(コートジボアール)、アルジェリア(モロッコ)、ダカール(セネガル)、リーブルビル(ガボン)で、AALSL(African Association of Digital Leisure, Sport and electronic Ludo education、アフリカデジタルゲーム協会) of Senegal、EFIXX Studio、IGDAセネガルが主催。協賛・協力・後援にアンスティチュ・フランセ、サムソン、Amazonなどが入り、1万人の参加者数をめざすとしています。

テーマは「Eスポーツ」「開発者向けカンファレンス」「ネットワーキング」で、期間中に下記イベントをはじめ、さまざまな催しが行われる模様です。ちょうど東京ゲームショウの期間中で、日本の裏側でこのようなイベントが開催されているかと思うと、なかなか興味深いものがありますね。ちなみに本ニュースもIGDAセネガルから連絡をいただきました。彼の地では日本のゲームやアニメなどが人気で、企業進出やビジネス提携なども大歓迎とのことです。

残り439字 |続きを読む |

(1) 2 3 4 »
Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project