Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

  
投稿者 : miyayou  投稿日時: 2015-01-27 13:51 (1738 ヒット)   
SIG-AI

「ロボット × AI」アイデアワークショップ

2月21日(土) 13:30 KDDI ヒカリエ オフィス 34F イベントスペース 申し込み

SIG-AI (人工知能専門部会)の協力イベントが実施されます。昨年、大好評に終わった「iPhone ロボット Romo」のハッカソンに続き、アイデアワークショップを開催します。

残り388字 |続きを読む |

投稿者 : miyayou  投稿日時: 2015-01-27 13:47 (2017 ヒット)   
SIG-AI

論文「ディジタルゲームにおける人工知能技術の応用の現在」

人工知能学会誌(2015年1月号、Vol.30,No.1)に、三宅陽一郎さんのゲームAIに関する論文が掲載されました。近年のデジタルゲームAIについて、詳細な解説論文になっています。

残り234字 |続きを読む |

投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2013-10-24 23:45 (2343 ヒット)   
SIG-AI

「ゲームAIコンテスト」セミナー

11月6日(水)、11月11日(月) 国立情報学研究所 参加費:無料
http://kokucheese.com/event/index/122775/

IGDA日本SIG-AIは、近年国内外で取り組みの増えている「ゲームAIコンテスト」に関するセミナーを実施いたします。

残り796字 |続きを読む |

投稿者 : miyayou  投稿日時: 2013-04-06 15:18 (1969 ヒット)   
SIG-AI

ゲームAIラウンドテーブル・オン・ツイッター第30回 を twitter上で開催いたします。

 【日時】4月6日(土曜日)24:30-26:00

【テーマ】「学習と適応」

【司会】@miyayou

【ハッシュタグ】#gameai_rt30

【主催】 IGDA日本ゲームAI専門部会 (IGDA日本 SIG-AI)

人工知能に興味のある方はどなたでも参加できます。所定の時間に、上記のハッシュタグで展開される議論をフォローしてください。

ご参加ならびに積極的なご意見をお待ちしております。


投稿者 : miyayou  投稿日時: 2012-06-22 22:34 (1481 ヒット)   
SIG-AI

23日(土曜日)、24:30-26;00 に IGDA日本ゲームAI専門部会(IGDA JAPAN SIG-AI) は、 
ゲームAIラウンドテーブル・オン・ツイッター第24回を開催します。

ゲームAIラウンドテーブル・オン・ツイッターは毎月、ツイッター上で、特定のテーマについて議論する、どなたでも参加できるオープンな議論の場です。
最初に司会からテーマの説明があり、その後、自由討論となります。


司会 : @miyayou
ハッシュタグ: #gameai_rt24

前回: http://togetter.com/li/295573

日時 : 6月23日(土曜日) 24:30-26:00

テーマ: 「動物に宿る知性」

       蟻やライオンや鳥や、生き物が持っている知性を学び、
       ゲームに応用してみよう、

という方向に関して議論します。所定の時間にツイッターにお越しください。

推奨環境: 普通にツイッターでハッシュタグを追うだけでもよいですが、

                tweetchat http://tweetchat.com/

      にログインしてハッシュタグを設定すると自動的にハッシュタグのつぶやきを
      取得し、ハッシュタグ付きのつぶやきができて便利です。


投稿者 : shin  投稿日時: 2011-08-19 10:27 (3719 ヒット)   
SIG-AI

ゲームAIラウンドテーブル・オン・ツイッター第16回

のお知らせです。ツイッター上でどなたでも参加できます。

今回は、
CEDEC ゲームAIラウンドテーブル
新・ゲームAIを横浜で語る

に向けて導入と、リアルで話し合うことと、ツイッター上の議論を、
どう絡ませて行くかを議論したいと思います。

【テーマ】  「CEDEC 2011 ラウンドテーブルへ向けて」(2011年8月期)
【日時】  8月19日(金) 深夜1:00-2:30 +

CEDEC に向けて、今後のゲームAIコミュニティのあり方を議論しよう。

【ハッシュタグ】 #gameai_rt16


投稿者 : miyayou  投稿日時: 2011-07-30 00:04 (3282 ヒット)   
SIG-AI

ゲームAIラウンドテーブル・オン・ツイッター 2011年7月期を開催します。ゲームAIラウンドテーブル・オン・ツイッターは、ゲームAIに興味を持つ方なら誰でも参加できる、ツイッター上で時間を限定して展開されるラウンドテーブル(意見交換会)です。

今回の司会は、twitter: @hudepen さんになりますので、以下、@hudepen さんに頂いた開催概要を送ります。以下の時間に、twitter ハッシュタグ #gameai_rt15 までおこしください。

twitter にログインしてから、
tweetchat  http://tweetchat.com/

にハッシュタグを入れて使用すると議論に便利です。

【日程】2011/7/30(土) 深夜 24:30-26:00

【今回の議題】
「キャラクターモーションに感じる知性とチューリング・テスト」

テーマの詳細は以下をご覧ください。http://blogai.igda.jp/article/47032490.html

【ツイッター・ハッシュタグ】 #gameai_rt15 

【司会】 twitter: @hudepen ( オブザーバー: @miyayou )

【前回の様子】
ゲームAIラウンドテーブル・オン・ツイッター第14回 「ソーシャルゲームと人工知能」(2011年6月期)
http://togetter.com/li/154135


投稿者 : miyayou  投稿日時: 2011-03-26 06:56 (3142 ヒット)   
SIG-AI

ゲームAIラウンドテーブル は、毎月一回、テーマを決めて、定期的に開催している、
ゲームAIのツイッター上のラウンドテーブルです。


テーマ :    「災害時に役立つAIのアイデア」
日時  :   3月26日(土)深夜24:30-26:00
ハッシュタグ:  #gameai_rt11

どなたでも参加できます。 

参加方法など詳細はこちらをご覧ください。

http://blogai.igda.jp/article/43998396.html


投稿者 : shin  投稿日時: 2011-01-06 08:59 (4500 ヒット)   
SIG-AI

 IGDA日本の新しいページとして、SIG-AIの専門ページが仮オープンしました。

IGDAJ SIG-AI
https://sites.google.com/site/igdajsigai/home

 トップページは、工事中と書かれていますが、すでにそれぞれの項目は、中身がまとめられており、現在でも結構な情報量です。
 内容としては、現在は以下の項目になっています。
 
 
という形で、各種スライド情報へのリンクなどが行われています。
 このページを見れば、日本でのゲームAIについての情報が集積されているようなサイトにするべく、運営が始められています。
 
 運営は、SIG-AIのメーリングリストに所属する方の有志によって行われています。
 メーリングリストへの参加、運営や編集作業に参加したいという方がいらっしゃいましたら、SIG-AI世話人の三宅さん(@miyayou)まで、お声がけください。
 
@miyayouさんのメールより
これをベースに、開発者に役立つ情報を積み重ねて行きましょう。
ゲームAIの歴史は、ゲームの歴史は、開発者自身の手で積み重ねて行かなければ!
それは積み重なるんじゃない、積み重ねるんだ!


投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2010-12-08 22:46 (4230 ヒット)   
SIG-AI

 昨今なにかと注目を集めるようになってきた「ゲームAI」。

敵キャラクターの行動アルゴリズムなどからはじまって、囲碁や将棋などの対戦相手、「シーマン」などのAIキャラクター。そして昨今ではFPSや3Dアクションにおけるキャラクターの集団制御など、さまざまな場面でAIが使われています。

しかし開発現場では、「AI」=魔法の杖と勘違いされることも少なくありません。ゲームデザイナーのアイディアと、プログラマーの技術・スキルが適切にかみ合わなければ、プロジェクト炎上の火種になってしまいます。一方でユーザー視点からすれば「AIがバカだからゲームがつまらない」などと感じることも、しばしばあります。

 

はたして「ゲームAI」とは何なのでしょう。ゲームをおもしろくする特効薬なのか、それとも破滅の罠か。現世代機で大作ゲーム開発に携わるゲームデザイナーの簗瀬洋平と、IGDA日本SIG-AIチェアで、CEDED AWARDSも受賞したプログラマーの三宅陽一郎、そしてユーザー代表として小野憲史が、ゲームAIについて語りつくします。

 

簗瀬洋平がゲームアイディアを語り、三宅陽一郎が最新のゲームAI技術で実現可能性を検証、それに小野憲史がユーザー視点からツッコミを浴びせる、新しいスタイルのトークイベントです。

 

日時:2010年12月14日(火) 20:00ごろから
配信予定URL:http://www.ustream.tv/channel/16shots
http://twitter.com/16shots

出演者:小野憲史(ゲームジャーナリスト)
    簗瀬洋平(ゲームデザイナー)
    三宅陽一郎(IGDA日本 SIG-AIチェア/プログラマー)

 *当日は録画前提でトークを行いますが、うっかり内容が危険水準を超えてしまったら、削除してしまいます。できるだけ生で視聴いただくのがオススメです。

*事前に「デジタルゲームの教科書」で、第23章「デジタルゲームAI」を読まれていると、理解がスムーズに進むかもしれません。

http://www.s-dogs.jp/dgame/index.html

*ソーシャルストリーム上での議論や、野次などは大歓迎です。みんなで盛り上げましょう。

*新宿16shotsにご来店いただき、生で視聴いただくことも可能です。詳細は16shotsのブログをご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/16shots/


投稿者 : miyayou  投稿日時: 2010-05-25 15:06 (11276 ヒット)   
SIG-AI

IGDA日本ゲームAI専門部会(SIG-AI)

ゲームAI連続セミナー第7回
「The Sims における社会シミュレーション」

 IGDA日本(国際ゲーム開発者協会日本) ゲームAI専門部会(SIG-AI)は、ゲームAI連続セミナー第7回「The Sims における社会シミュレーション」を、2010年6月12日 (土)に開催いたします。

 ゲームAI連続セミナーは、SIG-AI が2006年から2007年にかけて全6回をかけて開催して来ました。各回独立したテーマを設定し、講演によって知識を理解し、グループワーク形式のワークショップによる議論、手を動かした作業によって知識の習得を目指します。実際のゲーム開発に活かすことを目的としたセミナーです。今回は、第7回として、AI(エージェント)を単位とした社会を形成する技術「社会シミュレーション」をテーマとして開催します。

 今回のセミナーには、これまでの前6回の知識を特に必要としませんが、ゲームAIの知識の全体像を得るには、知っておくべき知識です。或いは、連続セミナーはそういったゲームAIの全体像を提供するために企画されました。講演資料は全て公開されていますので(後記)、最初にこれまでのレビューとして、前6回の概要を説明した後、今回のテーマに入って行きます。

 ゲームAI連続セミナーの姿勢として、ゲームAIの導入には、技術者と企画者の双方のコミュニケーションと協調が基本である、という考え方があります。ゲーム開発技術者、企画者、双方を歓迎いたします。また、ゲームAIに興味のある研究者、学生の皆様のお越しも是非、お待ちしております。

<概要>
■名称 :ゲームAI連続セミナー第7回「The Sims における社会シミュレーション」
■内容 :

 今回のテーマは「社会シミュレーション」です。一個の知性としてのAIから、集団AI、そして、社会的なAIへとゲームAIは進化して来ました。NPC による街や経済活動、自然の中の群れ社会を、自然に構築するにはどうしたらよいでしょうか? 今回は、The Sims(日本語名「シムピープル」) を初めとする実際に商業ゲームに組み込まれた技術と、学術研究という二つの方向から、この技術を探求して行きたいと思います。講演後には、グループに分かれて課題を解決するワークショップも用意しています。

■日時 :2010年6月12日(土曜日):13時30分-18時(受付13時-)

■会場 : 芝浦工業大学 豊洲キャンパス 大会議室
http://www.shibaura-it.ac.jp/about/campus_toyosu.html
■主催 : IGDA日本(国際ゲーム開発者協会日本)
■協賛 : コンテンツ文化史学会

■定員 : 80名 (懇親会 50名程度)
■対象者: ゲーム開発者(技術者、企画)、研究者、学生、ゲームAIに興味をお持ちの方

■講師 

三宅陽一郎(IGDA日本 ゲームAI専門部会世話人)
小山友介 (芝浦工業大学)

■講演スケジュール(予定)

13:30-14:20 講演 「これまでのゲームAI連続セミナーのレビュー」(三宅 陽一郎)
14:30-15:40 講演 「The Sims のAI と社会シミュレーション」(三宅 陽一郎) 
15:50-16:30 講演 「社会シミュレーションの現状とこれから」(小山友介)
16:40-18:00 ワークショップ 「デジタルゲームにおける社会シミュレーションの設計」

■懇親会
  19:00-21:00 (立食形式)フードサーカス ららぽーと豊洲 http://r.gnavi.co.jp/g385011/
 

■参加費:

- 研究会のみ  1,500円(e+にて、「入場券」チケットをご購入ください)
- 研究会および懇親会の両方に参加  5,000円(e+にて、「全席自由」チケットをご購入ください)
- 懇親会のみ 3,500円(e+にて、「スタンディング」チケットをご購入ください)

※チケット購入についての注意事項は本稿末尾をご覧下さい。 
(見出しページから見ている方は以下の「続きを読む」からご覧くか、見出しをクリックしてください)

※チケットの販売開始は「e+」というチケット販売代理システムを利用して行います。  e+(イープラス) http://eplus.jp/
※当
日飛び込み参加はできません。チケット持参者のみ、ご参加いただけます。
※1名につき1枚、入場券もしくは全席自由を購入いただき、会場にお持ちください。
※スタンディングは、
・時間があわなくて懇親会のみ参加したい方
・入場券を購入した方で後日になって懇親会も参加を希望する人の券となります。
スタンディング券のみでは、セミナーに参加することはできません。ご注意ください。
※チケット名称が指定できないため、内容と対応していませんのでご注意ください。
※各チケットに制限枚数がありますので、ご注意ください。 

■受付開始日:2010/05/26(水)10:00
■受付終了日:2010/06/10(木)18:00 ※定員になり次第、締め切ります。


■講演内容(詳細)

- 「The Sims のAI と社会シミュレーション」(三宅 陽一郎)

 The Sims では、各シム(AI)の内部に基本となる8つの動機パラメーター変動が仕組まれており、
様々なアクションデータが付随された環境オブジェクトとの相互作用、及び、シム同士の
相互作用によって、街全体の社会がシミュレーションされています。今回は、「SimCity」「Spore」など
他のウィル・ライトの仕事や、学術における社会シミュレーション、エージェントシミュレーションの手法を
紹介しながら、実際に社会シミュレーションを構築する手法を身につけることを目標とします。

-「社会シミュレーションの現状とこれから」(小山友介)

  最近、文理融合の研究として「社会シミュレーション」がといわれる領域が起こりつつあります.
  本講演では、文系側の視点から社会シミュレーションの現状を紹介すると共に、
  講演者が関わっている人工市場プロジェクトU-Martの紹介をしたいと思います.

■キーワード
社会シミュレーション、エージェントベースモデリング,人工市場,システム教育
コミュニケーションモデル、内部構造モデル、相互作用モデル、環境オブジェクト、プロシージャル


■ 参考資料 (M:三宅 K:小山)
(M-1) ゲームAI連続セミナー前6回全資料
    http://blogai.igda.jp/article/33936286.html
(M-2) The Sims のAI と社会シミュレーション(P.19-31) 
    http://igda.sakura.ne.jp/sblo_files/ai-igdajp/GDC2010/GDC2010_Report_ForRT_ymiyake.pdf
(これまで断片的に発表して来た The Sims のアルゴリズムを総合したものです)
(M-3) 「デジタルゲームの教科書」 (22.6「社会シミュレーションとAIの協調」 23.2「日常生活を営むエージェント」)
    http://www.sbcr.jp/books/products/detail.asp?sku=4797358827
(M-4) Ken Forbus,“Simulation and Modeling: Under the hood of The Sims”,
    http://www.cs.northwestern.edu/%7Eforbus/c95-gd/lectures/The_Sims_Under_the_Hood_files/frame.htm
(M-5) Kenneth D. Forbus,Will Wright,“Some notes on programming objectsin The Sims.”,2001,
    http://www.qrg.northwestern.edu/papers/Files/Programming_Objects_in_The_Sims.pdf
(M-6) Will Wright,“AI: A Desing Perspective”(講演資料),AIIDE 2005,
    http://thesims.ea.com/us/will/
(K)  人工市場で学ぶマーケットメカニズム ―U-Mart工学編―
    http://www.kyoritsu-pub.co.jp/series/chiteki.html#4

 

■ チケット購入方法

<チケット購入についての注意点> ※※必ずお読みください ※※ 

(見出しページから見ている方は以下の「続きを読む」からご覧くか、見出しをクリックしてください)

残り1574字 |続きを読む |

Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project