Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

  
投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2012-01-17 06:37 (2246 ヒット)   

 CEDEC 2012講演者の公募申込受付スタート

いまだお屠蘇気分もさめやらぬ中ではありますが、CEDEC2012の公募がスタートしました。今年は8月20日〜22日と例年よりも10日程度早く開催される関係上、公募の締め切りも3月19日と前倒しになっています(特に昨年は震災の影響で公募締め切りも延長されましたので、特に早く感じますね)。GDCの内容を踏まえて公募案を固められる方も多いかと思いますが、GDC終了後2週間程度しか間がありませんので、改めてご注意ください。年に1回のイベントですので、GDCに負けないように、みんなで盛り上げていきましょう! よろしくお願い申し上げます。

=======以下転載========
CEDEC 2012では、当カンファレンスのセッションにおいて開発技術情報やビジネス情報をお話いただく講演者を、以下の5形式について公募いたします。

「セッション(60分)」
「パネルディスカッション(60分)」
「ラウンドテーブル(60分)」
「ショートセッション(20分 / 30分)」
「インタラクティブセッション」

応募締め切りは、2012年3月19日(月)です。

お申込みはCEDEC公式Webサイト( http://cedec.cesa.or.jp/ )からダウンロードした応募フォームを記入いただき事務局までお送りいただきます。
公募頂いた方、及び審査を通過し採択された方には以下の特典を用意いたします。

●応募者特典
・CEDEC 2012 基調講演への優先入場
  一般入場口とは異なる優先入場口を設けます。*CEDEC 2012パスが別途必要です
・CEDEC 2012 パスをCESA会員価格にて提供

●採択者特典
・CEDEC 2012パス無償進呈
 (最大講演者3名様分。ショートセッション、インタラクティブセッションは1名様分)
・講演者パーティ招待
  講演者の皆様の交流を目的としたパーティへ無料で招待いたします。

★応募要項の詳細はこちらから
 http://cedec.cesa.or.jp/2012/2012/guide.html

===================================

 

ちなみにCEDEC講演資料などの情報をインターネット上に公開するCEDEC Digital Library「CEDiL」では、CEDEC2011セッションの資料が一般公開されています。CEDiL会員(無料)なら、どなたでもダウンロードできますので、公募概要のアイディアがあれば、キーワード検索などで過去の類似講演資料をチェックされるのがオススメです。★「CEDiL」サイトはこちら http://cedil.cesa.or.jp/

 

 


投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2011-12-15 04:30 (2324 ヒット)   

CEDEC 2012 セッション公募要項が決定

CEDEC 2012では、当カンファレンスのセッションにおいて開発技術情報やビジネス情報をお話いただく
講演者を、以下の5形式について公募いたします。

「セッション(60分)」
「パネルディスカッション(60分)」
「ラウンドテーブル(60分)」
「ショートセッション(20分 / 30分)」
「インタラクティブセッション」

公募の受付期間は2012年1月15日から3月19日です。

お申込みはCEDEC公式Webサイト( http://cedec.cesa.or.jp/ )からダウンロードした応募フォーム
を記入いただき事務局までお送りいただきます。
応募フォームは受付開始時にCEDEC公式Webサイトにアップいたします。

公募頂いた方、及び審査を通過し採択された方には以下の特典を用意いたします。

●応募者特典
・CEDEC 2012 基調講演への優先入場
  一般入場口とは異なる優先入場口を設けます。*CEDEC 2012パスが別途必要です
・CEDEC 2012 パスをCESA会員価格にて提供

●採択者特典
・CEDEC 2012パス無償進呈
 (最大講演者3名様分。ショートセッション、インタラクティブセッションは1名様分)
・講演者パーティ招待
  講演者の皆様の交流を目的としたパーティへ無料で招待いたします

※応募規定等の詳細は、CEDEC公式Webサイト( http://cedec.cesa.or.jp/ )をご参照下さい。

『ゲームのお仕事』業界研究フェア2011の講演資料と動画を公開しました

当日の講演の模様を収録した動画と資料を公開しました。

『ゲームのお仕事』業界研究フェア公式WEBよりご覧下さい。http://cedec.cesa.or.jp/oshigoto/


投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2011-12-06 06:53 (1562 ヒット)   

CEDEC セッション公募のスケジュールが決定!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 CEDEC2012(コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2012)
 ニュースレター[CEDEC EXPRESS] 2011/12/6
 2012年8月20日(月)ー22日(水)/パシフィコ横浜・議センター
 http://cedec.cesa.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さる9月6日ー8日の3日間開催したCEDEC2011は、210セッションを実施し、4600名を超える方々に御参加頂きました。
セッション公募に御応募頂きました皆様、ご来場頂きました皆さま、誠にありがとうございました。

次回のCEDEC2012は、8月20日から23日の3日間、シフィコ横浜にて開催いたします。 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
▼ セッション公募のスケジュールが決定!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

セッションの公募は2012年1月15日から3月19日の期間で実施することといたしました。
なお、公募要綱に関しましては12月15日にメール、並びにWEBで公開させていただく予定でございます。
多くの皆さまからの公募をお待ちしております。

--------------------------------------------------------------------
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
http://cedec.cesa.or.jp/ 


投稿者 : shin  投稿日時: 2011-09-13 23:04 (5520 ヒット)   

 「センス・オブ・ワンダーナイト」のUST中継が決定
【9月16日(金)17:30-20:00・東京ゲームショウ2日目】

 
 今年も、IGDA日本が企画協力を行わせて頂いて「センス・オブ・ワンダーナイト(SOWN)」が開催されます。
昨年、同様にUST中継が行われることが決まりました。中継のページは以下のところで当日に告知が行われます。
 
 
 今年で4回目を迎えることになりました、SOWNですが、おかげさまで、国際的なイベントとしても海外から高い認知を頂けるまでの存在になっています。今年は、協賛頂く企業様の企業賞の創設など新しい試みも行わせて頂きます。
すでに、当日発表が行われる10タイトルが発表されています。76タイトルの応募が全世界から行われ、今年も昨年以上に激戦のなかから選ばれた作品は、非常に質が高いものばかりです。ゲームの新しい可能性を探るのを、ぜひ楽しんで頂くためにご来場頂けるか、ご来場できない方でも、UST中継を通じてご参加頂けると幸いです。
 
日時 2011年9月16日(金) 17:30-20:00(予定)
会場 幕張メッセ・国際会議場「201」会議室
観覧方法 東京ゲームショウ2011ビジネスデイの入場パスをお持ちの方であれば、参加いただけます。
 
 会場には、ビジネスデイの入場パスをお持ちの方であれば、どなたでもご入場できます。
 毎年立ち見も出るほどの多くの方の来場を頂けます。ぜひ、TGS会場の終了後の楽しみとしてご来場頂ければと思います。もちろん、お約束のピコピコハンマーを使った、会場のインタラクティブの参加もあります。
 また、平行して17時よりインターナショナルパーティが、今年も開催される予定だとうかがっています(場所等は正確な発表が行われていませんので、当日会場にてご確認下さい)。参加は無料と言うことですので、海外の方との情報交換の機会に、ぜひご利用を頂ければと思っています。


写真は昨年のもの Insideさんの記事より


投稿者 : shin  投稿日時: 2011-09-02 05:05 (3290 ヒット)   

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

CEDECでIGDAトップが講演します
「IGDA (国際ゲーム開発者協会) in motion」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
IGDAは全世界で81の支部を持つ国際NPO団体です。日本ではIGDA=IGDA日本の活動とみなされることが多いと思うのですが、今年のCEDECでは初めて、IGDAエグゼクティブディレクターのゴードン・ベレミーさんが登壇し、ゲーム開発者とコミュニティ活動の意義について講演します。
 
講演「IGDA (国際ゲーム開発者協会) in motion」 9月7日(水) 13:30-14:30

 
ゴードンは元EAで「マッデン」シリーズの開発などに携わる一方で、MTV社のエグゼクティブコンサルタントなど、実業界でさまざまな経験を積んできました。その彼がなぜゲームビジネスではなく、IGDAのようなコミュニティ活動に精力的に取り組んでいるのかが話されます。ふだんなかなか窺い知ることのできない、アメリカのゲーム業界の生の声を聞くことができる好機ですので、ぜひ足をお運びください。
 

<セッションの内容>
※本セッションは同時通訳が入ります。
 
国際ゲーム開発者協会、International Game Developers Association(IGDA)は発足よりゲーム開発を応援し続けてきた団体です。業界全体を広い視野を持ってデベロッパだけでなく、これからゲーム業界に入りたいと思う学生ら若者をも熱心に応援しています。本セッションではIGDA の Executive Directorであるゴードン・ベラミー氏を招き、IGDAの理念、目標、そして現在の活動、その活動を通したゲーム開発者コミュニティと活動の業界やデベロッパ、さらに社会への貢献の様子について語ります。
 
IGDAの活動開始の経緯、浮き沈み、変化しつづけてきた業界への対応など、IGDAリーダーとしての彼個有の観点からお話をうかがうことができるでしょう。特に米Game Developers Conference (GDC) とIGDAの関係、そして日本から学んだこと、なお「神秘」に包まれたままである日本について彼の考えを知ることができます。
 

またゴードンはCEDEC併設の「ゲームのお仕事」業界研究フェアでも、学生向けに講演する予定です。


投稿者 : shin  投稿日時: 2011-08-30 03:22 (4053 ヒット)   

TwiCEDEC/ゲームのお仕事

CEDEC3日目終了後に行う、CEDECを知っているTwitterを使っている人向けの非公式飲み会
 
日時:9月8日(木) 19:00
場所:CEDEC会場パシフィコ横浜から少々離れた場所
申込締切9月1日(木)
 
職種不問の「TwiCEDEC/ゲームのお仕事」を今年もやります。
詳細はこちらのURLをどうぞ。
 
ほかのCEDEC3日目非公式飲み会はこちらからどうぞ。
 
お問合せ先: 板垣貴幸 @kiyukisan 質問等もこちらまで


投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2011-07-21 14:41 (3773 ヒット)   

============= ==========================

2011 IGDAスカラーシップ for CEDEC 

========================================  

追記:スタジオツアー受け入れ先の企業様情報を追加しました。   
日本を代表するゲームディベロッパー4社様となっています! 
 
IGDAとIGDA日本は国内最大級のゲーム開発者向け技術カンファレンス「CEDEC2011」にてスカラーシップ(学生奨学制度)を実施します。今年のGDC終了後くらいから、水面下で進めてきた取り組みで、ようやく告知することができました。
 
<実施概要・参加申込方法などの詳細>
 
 スカラーシップとは奨学生のことです。IGDAでは毎年GDCに向けて全世界から優秀な学生を選抜し、スカラーシップとして派遣しています。今年はGDCに加えて、E3(米ロスアンゼルス、5月)、Casual Connect(米シアトル、7月)、チャイナジョイ(中国上海、7月)に加えて、日本で開催されるCEDECへも派遣することになりました。日程は、9月5日〜8日(CEDECの会期は6〜8日)です。

GDC2011のスカラーの集合写真
 
 選抜枠は6名で、国籍は問いません。選抜されるとCEDECの受講チケットが支給されるのに加えて、都内の有名ゲームスタジオの見学ツアーに招待されるなどの特典が受けられます。ただし、渡航費やホテル代、食費などの滞在費はすべて自己負担となる点にご注意ください。
 
 この条件を見ると、圧倒的に日本の学生が有利なように見えます。事実、これまでGDCのスカラーシップも半数がアメリカ在住の学生で、日本からの学生は例年1-2名でした。しかし、日本のゲーム業界はいまだ海外の学生にとって憧れであることに変わりはなく、海外からの学生が多く応募してくることも、十分に考えられます。
 
 そして、そうした学生は例外なくマインドが高いのです。特に国別の割り当ては儲けていませんので、6名全部が海外学生ということもあり得ます。
 
 第一次締め切りは7月28日で、ここで定員に達すると、二次募集はありません。さまざまな意味で学生の皆さんにはチャンスですので、ぜひこの機会を活用ください。


投稿者 : shin  投稿日時: 2011-07-05 09:06 (3251 ヒット)   

 日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス

CEDEC 2011 受講申し込み受付開始。
3日間有効のレギュラーパスは、7月31日までは5,000円offの早期割引

同時開催
学生向けゲーム業界就職支援講座『ゲームのお仕事』業界研究フェア2011
「CEDEC 2011 co-located event」 専門性の高い3つのカンファレンスを招致
 
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA、会長:和田洋一、所在地:東京都港区西新橋)では、本年、9月6日(火)から8日(木)までの3日間、「パシフィコ横浜」(神奈川県横浜市)において、日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス『コンピュータ・エンターテインメント・デベロッパーズ・カンファレンス 2011』(略称:CEDEC 2011 CEDEC
=セデック:Computer Entertainment Developers Conference)を開催します。テーマは、これまでもCEDECのテーマとしてまいりました「多様性」をさらに推し進めることを表明した「CROSS BORDER」です。
 
■CEDEC運営委員会では、7月1日からCEDEC 2011の申し込み受付を開始しました。
会期中3日間有効の「レギュラーパス」は、当日販売はなくすべて事前購入制です。7月31日まで、通常申し込みよりも5,000円お得な早期割引を実施します。また、本年は、より多くの皆さんに受講いただけるよう一般の方の通常申し込み受講料をこれまでの40,000円から35,000円に改めました。※金額は、いずれも消費税を含みます。
 
ほか、会期中1日のみすべてのセッションに参加できる「デイリーパス」、スポンサーによる「スポンサーシップセッション」、「展示コーナー」、「インタラクティブセッション(旧・ポスター発表)」、「CEDEC CHALLENGE」、「CEDEC 書房」、「CEDEC AWARDS」、「CEDEC 2011 co-located event」(概要次ページ参照)に
ご参加いただける「エキスポパス」の事前申し込みもあわせて開始しました。
※ 料金など詳しくは、公式WebサイトURL http://cedec.cesa.or.jp/2011/application/index.html をご覧ください。
 
CEDEC運営員会では、受講料の一部から総額100万円を、東日本大震災復興支援のため被災地域の皆さんに寄付させていただくこととしました。
 
■『ゲームのお仕事』業界研究フェア2011 同時開催
本年も、経済産業省の委託により運営いたします、ゲーム業界への就職を希望する皆さんに向けた講座「『ゲームのお仕事』業界研究フェア2011」が、CEDECと同時開催されます。受講料は無料です。
 
大学生・大学院生および専門学校生等、在学・既卒・年齢を問わずゲームの仕事、ゲーム業界に関心のある皆さんを対象に、国内外のゲーム産業の現状や将来、国内ゲーム会社の人材採用事情、現役ゲーム開発者による開発現場の生の声などをセッションやパネルディスカッションで紹介してまいります。当フェアでは初めて、当日の講演の模様をインターネットを通して生中継する予定です。
※詳細情報は、公式Webサイト URL http://cedec.cesa.or.jp/oshigoto/2011/ をご覧ください。
 
 
■テーマ「CROSS BORDER」実現のため、専門性の高い3つのイベントを招致します。

残り2551字 |続きを読む |

投稿者 : shin  投稿日時: 2011-03-25 05:51 (4841 ヒット)   

 CEDDC2011の公募申込が、震災の影響から、当初の3月31日から、一週間延長になっています。

 
プレスリリース
 
CEDEC2011の公式ページのトップページの画像に表記してある受付期間は3月31日のままで、残っていますので、その点ご注意ください。


投稿者 : shin  投稿日時: 2011-02-01 07:29 (4335 ヒット)   

日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス
「CEDEC 2011」 講演者の公募を本日より開始
正式名称を“コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス”に変更
ポスター発表の発展形<インタラクティブセッション>を追加
 
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会?略称:CESA、会長:和田洋一、所在地:東京都港区西新橋(は、日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2011(コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス 2011)」を、9月6日(火)-9月8日(木)の 3日間、パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい)にて開催することを決定しました。
 
本日、CEDECにおける講演者の公募を開始しました。応募はCEDEC公式ウェブサイトよりダウンロードできる応募フォームにて受け付けます。応募資格は、コンピュータエンターテインメント開発者、および関連する仕事に従事している方、研究者、学生です。国内だけでなく海外からの応募も受け付けます。公募の締め切りは3月31日(木)です。 
   <CEDEC 公式ウェブサイト>  http://cedec.cesa.or.jp/ 
 
CEDEC は、ゲームを含むコンピュータエンターテインメント産業全体の技術力向上を目的とし、産学官の垣根を越え、最新の開発技術やビジネス情報を共有する国際的な技術カンファレンスです。回を重ねるごとに規模を拡大し、昨年は200のセッションを実施、国内外から約 300 人の講演者が登壇しました。
 
13 回目となる本年より正式名称を“コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス”(Computer Entertainment Developers Conference)に改め、これまで以上に他業界への波及、技術系団体との連携、国際化を推進していきます。(略称は“CEDEC”のまま)
 
本年の公募は従来の<セッション(60 分)><パネルディスカッション(60 分)><ラウンドテーブル(60 分)>、昨年追加となった<ショートセッション?20 分 / 30分(>とさまざまな講演スタイルを用意することで、講演者、受講者のニーズを幅広くとらえることを目的としています。また、CEDEC2010 で実施した「ポスター発表」を発展させ、参加者と発表者のインタラクションを主眼とした<インタラクティブセッション>を設置、「あなたの世界初の驚き体験が見たい!」のテーマで公募をいたします
 
講演者からは、「発表に際し、これまでの経験をまとめる作業により、自身の強みや今後への課題が明確になった」「交流のない他社の方とも話ができ刺激を受けた」「自分の専門分野以外の内容も聴講でき有意義だった」など、講演により大きなメリットが得られたとの評価を受けています。また、昨年の講演者の 91%が「次回も参加したい」「都合が合えば参加したい」と回答するなど、高い満足度を示しています。
 
公募で採択された方へは受講パスの進呈や講演者パーティーへの招待などの特典を提供します。また、応募者全員に、受講パスのCESA会員価格への割引、基調講演優先入場などの特典を提供します。
 
公募の詳細は公式ウェブサイト(http://cedec.cesa.or.jp/ )をご覧ください


投稿者 : shin  投稿日時: 2010-09-15 06:45 (4055 ヒット)   

  東京ゲームショウ2日目の 2010年9月17日(金) 18:30-20:50で、 に開催される「センス・オブ・ワンダー ナイト 2010」は、今年 Ustreamを使ってライブ中継を行うことになりました。(スポンサーは、CRI WARE さん)

 
「センス・オブ・ワンダー ナイト 2010」ページ
プレゼンは、逐次通訳方式で行われます。
 
Ustream 中継ページ (もちろん海外からも視聴可能です)
 
(この件について、告知されているCRIさんのブログ「ハバモバ.jp」)
SOWN(at TGS)の「Ustream生中継」をCRIがお届け!
 
 今年も毎年のように、ピコピコハンマーのご提供を頂けることになっているため、その場の雰囲気が伝わる内容になると思います。ライブのプレゼンならではの楽しさを、お伝えしていければと思っています。
 Twitterのハッシュタグは「#sown2010」になります。ぜひ、ソーシャルストリームの中で、おもしろいと思ったところでは、「pico pico」と発言くださり、お気軽にご参加ください。

 

 
 
「センス・オブ・ワンダー ナイト 2010」は、ビジネスデーチケットをお持ちの方であれば、当日お越し頂ければ、どなたでも、ご参加可能です。
 
 
※終了後、IGDA日本主催の懇親会を、駅近くの飲み屋さんに行くなりという形で行う予定です。今年は、終了時間が遅いため、場所は流動的ですが、参加をご希望される方は、そのまま会場に残って頂ければと思います。


投稿者 : shin  投稿日時: 2010-08-27 06:22 (4662 ヒット)   

  今年の東京ゲームショウで行われる「センス・オブ・ワンダー ナイト 2010」(IGDA日本企画協力)プレゼンテーション作品の9作品が発表になりました。

 全世界から応募頂いた60タイトルのうち、日本からの参加が3タイトル、海外から7タイトル(イラン、アメリカ2、シンガポール、ドイツ2)という結果になりました。

 毎年と同じように、東京ゲームショウビジネスデイ2日目の夕方に開催いたします。
 今年も多数の皆様のご参加をお待ち申し上げています。
 
 
■プレゼンテーション概要
開催日: 2010年9月17日(金) 18:30-20:50(予定)
会場: 幕張メッセ・国際会議場
観覧方法: 東京ゲームショウ2010ビジネスデイの入場パスをお持ちの方であれば、参加いただけます。
 
 
 
※終了後、近くの中華料理屋で、IGDA日本主催の非公式打ち上げ飲み会を行う予定です。


投稿者 : shin  投稿日時: 2010-08-25 06:28 (4160 ヒット)   

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会

日経BP社
 
日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2010」
「CEDEC AWARDS 2010」
特別賞に中村雅哉氏、著述賞はボーンデジタル/川西裕幸氏
 
社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA、会長:和田洋一、所在地:東京都港区西新橋)主催、日経BP社(社長:平田保雄、所在地:東京都港区白金)共催による、日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2010(CESAデベロッパーズカンファレンス2010)」[8月31日(火)?9月2日(木)、パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい)]は、「CEDEC AWARDS 2010」の特別賞を株式会社バンダイナムコゲームス 株式会社ナムコ 名誉相談役・中村雅哉氏に、著述賞を株式会社ボーンデジタルおよび川西裕幸氏(マイクロソフト株式会社)に贈呈することを決定しました。
CEDEC AWARDSは2008年より実施している表彰制度で、ゲーム制作に用いられている技術にフォーカスし、技術面からの開発者の功績を称え表彰することで、ゲーム開発技術の普及・啓蒙と産業の発展を目的としたものです。
特別賞と著述賞以外の5部門(プログラミング・開発環境部門、ビジュアル・アーツ部門、ゲームデザイン部門、サウンド部門、ネットワーク部門)は、CEDEC 2010会期中の9月1日(水)に受賞者を発表し、表彰式を行います。
 
■特別賞、著述賞の受賞者と選考理由
 
特別賞
中村雅哉氏(株式会社バンダイナムコゲームス 株式会社ナムコ 名誉相談役)日本のゲーム業界における、始祖のひとつであるナムコ社の創立、数々のヒットゲームを通じてゲームを楽しまれる方々の広がりをもたらされたこと、また、多くの優れた開発者の育成などにつき多大なる貢献をされた。
 
著述賞
株式会社ボーンデジタルおよび川西裕幸氏(マイクロソフト株式会社)
「Game Programming Gemsシリーズ」日本語版他多数の出版により、ゲーム業界のみ
ならず日本のソフトウェア産業全体に多大なる貢献をもたらした。
 
--------------------------------------------------------------------
「CEDEC 2010」についての詳細は、下記WEBサイトをご参照ください。
 


投稿者 : shin  投稿日時: 2010-08-19 05:38 (4016 ヒット)   

 日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス

「CEDEC 2010(CESAデベロッパーズカンファレンス)」
基調講演・特別招待セッション・協賛セッションなど続々決定!
 
社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA、会長:和田洋一、所在地:東京都港区西新橋)主催、日経BP社(社長:平田保雄、所在地:東京都港区白金)共催による、日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2010(CESAデベロッパーズカンファレンス2010)」[8月31日(火)?9月2日(木)、パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい)]の最新情報をお知らせします。
 
オープニングスピーチにCESA和田洋一会長、基調講演には、CEDECフェロー(コーエーテクモホールディングス株式会社 代表取締役社長) 松原健二氏、作家 瀬名秀明氏、マサチューセッツ工科大学 教授 石井裕氏が登壇します。
また、特別招待セッションには、株式会社ディー・エヌ・エー 代表取締役社長兼CEO 南場智子氏による「ゲームプラットフォームの未来」、株式会社テレコム・アニメーションフィルム 顧問 大塚康生氏とゲームデザイナー 上田文人氏による対談「もっと上手くなりたい!動かす力」、株式会社ポケモン 代表取締役社長・CEO石原恒和氏と株式会社スクウェア・エニックス プロデューサー 市村龍太郎氏ほかによるパネルディスカッション「人を楽しませるプロデュース」が決定しました。
 
さらに、協賛企業による協賛セッションも実施します。グリー株式会社(9月1日)と、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(9月2日)が、ゲーム開発者・制作者に向けてプレゼンテーションします。
 
CEDECは、開発者の方同士が議論し合い、情報を共有しお互いを高める場を提供することで、業界全体として開発力の向上を図っていきます。ぜひCEDEC 2010にご期待ください。
 
「CEDEC」公式ウェブサイト http://cedec.cesa.or.jp/
 


投稿者 : shin  投稿日時: 2010-07-02 06:17 (3977 ヒット)   

 >昨日配信のプレスリリースです。IGDA日本も(協力)として、盛り上げるために、ご協力をさせて頂きます。

 
社団法人コンピュータエンターテインメント協会
日経BP社
 
日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス
「CEDEC 2010(CESAデベロッパーズカンファレンス)」
受講申込受付を本日開始!、CEDEC AWARDSノミネート発表
学生向け「『ゲームのお仕事』業界研究フェア」も受付開始
 
 
社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA、会長:和田洋一、所在地:東京都港区西新橋)主催、日経BP社(社長:平田保雄、所在地:東京都港区白金)共催による、日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC 2010(CESAデベロッパーズカンファレンス2010)」[8月31日(火)?9月2日(木)、パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい)]は、本日、受講申込の受付を開始しました。7月31日(土日)までのお申し込みには早期割引料金が適用されます。※詳細は添付資料1をご覧ください
<CEDEC公式ウェブサイト>  http://cedec.cesa.or.jp/
 
今年は、従来の<レギュラーパス(3日間有効)>、<デイリーパス(1日間有効)>に加え、<エキスポパス>を新設しました。<エキスポパス>はスポンサーによる「展示ブース」、「スポンサーシップセッション」に加え、「ポスター発表」、「CEDEC CHALLENGE」(セッションを除く)、「CEDEC AWARDS」などにご参加いただけるパスで、料金は事前申込1,000円/日(当日料金:1,500円/日)[税込]と大変お求め安くなっています。
 
講演セッションは公式ウェブサイトにて随時公開しているほか、各日のオープニングを飾る基調講演や、特別招待セッションについては、後日あらためて発表します。

残り1312字 |続きを読む |

« 1 (2) 3 4 »
Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project