Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

Academic関連イベント
Academic関連イベント : 第14回 ゲームプログラミングワークショップ 2009 論文募集(主催:情報処理学会 ゲーム情報学研究会)
投稿者 : shin  投稿日時: 2009-05-18 00:40 (5837 ヒット)   

今年もゲームプログラミングワークショップ(GPW-09)を以下のように開催いたします。論文発表を広く募集いたします。多くのご発表、ご参加を期待しております。よろしくお願いいたします。

以下のウェブページもご覧ください。
http://sig-gi.c.u-tokyo.ac.jp/gpw/2009/

第14回 ゲームプログラミングワークショップ 2009 論文募集
GPW-09 (Game Programming Workshop 2009)

海外では、チェスをはじめとしてゲームを対象にした研究が古くから盛んに行われてきました。強いプログラムを作るという目標のもと、探索、プランニング、学習、協調問題解決などの様々な技術的進歩や多くの研究成果がもたらされてきました。日本でも、将棋や囲碁などの世界に誇るべき優れたゲームがあり、ゲームプログラミングの研究も盛んに行われるようになってきました。

特にこの数年のコンピュータ将棋、囲碁の発展は目覚しく、コンピュータ将棋では新しい探索法や評価関数の自動学習などの研究が進んだことで、プロ棋士に肉薄するレベルになってきました。また、コンピュータ囲碁においてもモンテカルロ法などの新しい手法が効果を表すなど、新展開を見せています。他にも、パズル、思考型ボードゲーム、不完全情報ゲームなどを対象としたプログラミングやアルゴリズムの研究など本分野の研究は益々盛んになってきています。

本ワークショップは、94年からほぼ毎年実施され、内外から多くの発表と参加者を集め、ゲームプログラミングに関心を持つ研究者の活発な議論の場を提供してきました。98年から母体を情報処理学会のゲーム情報学研究会として、さらなる発展を遂げてきました。今回も広くゲーム情報学に関する発表、論文を広く募集しておりますので、多くの方の発表、ご参加をお待ちしております。

主催: 情報処理学会 ゲーム情報学研究会
協力: 学校法人 駿河台学園 駿台電子情報専門学校、 コンピュータ将棋協会、コンピュータ囲碁フォーラム
日程: 2009年11月13日(金)- 11月15日(日)
会場: 箱根セミナーハウス (神奈川県足柄郡箱根町仙石原845)
原則として参加者はみな会場に宿泊することを前提としています
使用言語: 日本語または英語
トピックス(以下に限定するものではありません)


・ゲームプレイングプログラム
・パズルを解くアルゴリズム
・パズル創作プログラム
・ゲームをプレイする人間の認知科学
・ゲーム戦略知識の学習
・テレビゲーム
・インターネット上のゲーム
・ゲーム理論の応用による人間の行動の解析
・マルチエージェントのゲーム(たとえばサッカー)
・ゲームの歴史のコンピュータを用いた分析
・コンピュータを用いた新しいゲームの開発
・ゲーム向きコンピュータアーキテクチャ
・コンピュータによる人間のゲーム熟達の支援

重要な日程

2009年 7月17日(金) extended abstract送付締切
2009年 9月 4日(金) 採否通知 (発表形態通知:予定)
2009年10月 2日(金) カメラレディ論文締切
2009年11月 13日(金) - 11月 15日(日) GPW-09

表彰
優秀な論文及び発表について、優秀論文賞、研究奨励賞として2006年より毎年
表彰しています。
奮ってご投稿ください。

------------------------------------------------------------------------------
発表申し込みについて(応募要領)

1. 発表論文については査読を行なう。
2. 発表申込みは、e-mailによる投稿のみとする。
 岸本(kishimoto _at_ is.titech.ac.jp)に以下の二つを送付すること。
 1. 論文題名とextended abstractをセットにしたもの
    - 論文題名が和文の場合は英文標題も併記する
    - extended abstractの量は日本語で1500字以上3000字以下、英語で400 words 以上800words以下とする。
    - ファイル形式は、Word形式、もしくは、PDF形式とする
    - こちらには、 著者名は書かないこと!
 2. 連絡用フォーム: 以下をコピーペーストして使用する

論文題名 ____________________________
論文の著者全員の氏名と所属 (足りない場合は増やして下さい):
 著者名1 ____________
 所属1   ____________________________
 著者名2 ____________
 所属2   ____________________________
 著者名3 ____________
 所属3   ____________________________
代表者一名の連絡先:
 氏名    ____________
 所属    ____________________________
 住所    ____________________________
 e-mail  ____________________________
GPWやゲーム情報学研究会の投稿案内を上記の電子メールアドレスで
今後受けとることを希望するか:
 希望する 希望しない(またはすでに受け取っている)
------------------------------------------------------------------------------

なお、お申込みいただいた方には、数日中に返信いたしますので、返信の 無
い場合には御連絡下さい。


印刷用ページ 

Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
_MD_D3PIPES_ERR_PARSETYPEMISMATCH
(3)
_MD_D3PIPES_ERR_PARSETYPEMISMATCH
(5)
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project