Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

Event/Seminar
Event/Seminar : 黒川塾 (十)【6月27日(木)19:00-】東京
投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2013-05-27 06:12 (2157 ヒット)   

 黒川塾 (十)

国産エンタテインメントの生きる道

丸山茂雄+久夛良木健+黒川文雄 

日時 6月27日(木曜日)  19時00分より 開場 19時30分開始  90分程度 

終了後懇親交流会あり

会場 南青山 サイバーエージェント・ベンチャーズ STARTUP Base Camp 

〒107-0052 東京都港区赤坂八丁目5番26号 赤坂DSビル3F 

東京メトロ 半蔵門線・銀座線 青山1丁目駅より 徒歩5分

参加費 事前申し込み 3000円 1ドリンク代込み(当日 3500円)

    事前申し込み 学割2500円(当日専門学校・大学など学生証をお持ちいただけた方対象とします)

    当日料金   3000円(学生証をご持参ください)

申し込み http://peatix.com/event/13250/view

【今回のテーマ】「国産エンタテインメントの生きる道」

2012年 6月22日(金) 「アナグラのうた 消えた博士と残された装置」をテーマにして「黒川塾 」はスタートしました。開催当時も、今も手探りでの企画と運営になりますが、皆様のご支援とご指導によりまして、このたび十回目を迎えることができました。

毎回のテーマは、その時々で私自身が疑問に思う事柄であったり、興味を持つ対象を皆様と共有し勉強をして参りました。

そして、この度、6月27日の開催をもって、一つの区切りともいうべき十回目を開催するにあたり、現在の日本のコンテンツ事情、エンタテイメント産業の現状と未来を考えてみたいと思います。

思えば音楽ではJ-POPを始めとしたCDというパッケージ販売という産業構造も大きく瓦解しました。K-POPの躍進と、洋楽の衰退や関心の低下などかつても産業構造も大きく変貌しつつあります。

映画産業は2000年前半までの洋画全盛期から見れば邦画市場シェアは拡大しましたが、全体のパイは減衰しています。同様にレンタルDVDなどのビジネスもオンデマンドに依るノンパッケージ化への道が見え始めました。

ゲーム業界はどうでしょうか?長くゲーム業界を牽引してきた任天堂は13年3月期に、営業赤字364億円を計上し、WiiUの販売も当初の計画を大きく下回っています。一方、新興プラットホーマーによるソーシャルゲームの興隆も2012年5月、消費者庁による「コンプリートガチャ」の規制により、その大きな収益源を失うことにより大きな踊り場を迎えました。大手SAPの海外戦略も見直しや一部レイオフや事業所閉鎖など転換期を迎えています。

そのような状況のなか、今回は、昨年の黒川塾弐にもご登壇をいただきました丸山茂雄様、そして、久夛良木健様をお迎えしております。

ソニーにて、数多くのビジネスを立ち上げたキーマンのお二人にご登壇いただきます。今回のテーマはそのような経験豊富な丸山様、久夛良木様の経験をもとに、今後のあるべきコンテンツの未来、デバイスの未来を語っていだく場を設けたいと思います。現在のコンテンツと、理想的なコンテンツの未来はどこに向かうのかというトークセッションを開催します。

・・・みなさんと共有し、考えてみたいと思います。

【ゲスト】(敬称略)
■丸山茂雄  247inc. 取締役
■久夛良木健 サイバーアイ・エンタテインメント株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 
 
ゲスト紹介・プロフィール
■【丸山茂雄 まるやま しげお】
1941年生まれ。1966年、早稲田大学商学部卒業。読売広告社を経て、CBSソニー設立と同時に入社。株式会社エピック・ソニーの創始者であり、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)取締役会長、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)代表取締役社長などを歴任。現在は247inc. 取締役
 
■【久夛良木健 くたらぎ けん】
サイバーアイ・エンタテインメント株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 
1950年生まれ、国立大学電気通信大学電子工学科卒業。1975年、ソニー株式会社入社 第一開発部、第二開発部、情報処理研究所、総合研究所に所属し、液晶テレビ、液晶ピークレベルメータ、μP開発支援システム、電子カメラ、超小型磁気ディスクシステム、音声DSP、システムLSI、デジタル信号処理等の研究を手がける。1993年、 株式会社ソニーコンピュータ・エンタテインメント(SCEI)設立 取締役開発部長、1999年、同社・代表取締役社長就任。2000年、ソニー株式会社 取締役就任。2003年、ソニー株式会社 取締役 副社長兼 COO就任。2006年、株式会社ソニーコンピュータ・エンタテインメント 代表取締役会長兼 Gp.CEO。2007年、株式会社ソニーコンピュータ・エンタテインメント 名誉会長、ソニー株式会社 シニア・テクノロジーアドバイザー。2009年、サイバーアイ・エンタテインメント株式会社設立 代表取締役社長(現任) 
 
【問合せ先】
イベント運営責任者 黒川文雄 kurokawa.fumio@gmail.com 
(協力:サイバーエージェント・ベンチャーズ STARTUP Base Camp )
 
※メディアの皆様の取材、見学も承っております。よろしくお願いします。事前にご案内をいただければ登録をいたします。一般のかたがたのご参加もお待ちしております。なお、名刺をお持ちのお客様はご持参をいただきたく思います。よろしくお願いします。


印刷用ページ 

Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
_MD_D3PIPES_ERR_PARSETYPEMISMATCH
(3)
_MD_D3PIPES_ERR_PARSETYPEMISMATCH
(5)
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project