Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

Digra
Digra : 日本デジタルゲーム学会 2010 年次大会の詳細決定。基調講演に岩谷徹東京工芸大学教授 と『スペースインベーダー』の生みの親、西角友宏氏らが登壇【12月18日(土)-19日(日)】
投稿者 : shin  投稿日時: 2010-11-24 01:06 (7104 ヒット)   

日本デジタルゲーム学会 2010 年次大会の詳細決定。
基調講演に岩谷徹東京工芸大学教授と『スペースインベーダー』の生みの親、西角友宏氏らが登壇

 
日本デジタルゲーム学会は、来る 12 月 18 日(土)、19 日(日)に以下のとおり年次大会を開催いたします。
 
趣旨説明
■ 共通テーマ:デジタルゲームの過去・現在・未来
 
 「デジタルゲームに関する学術、技術の進歩発展と普及啓蒙をはかり、会員相互間および関連学協会との連絡研究の場」となることを目的として 2006 年に設立された本学会、国際学会 DiGRA2007 開催後は実際の開発者、研究者による公開講座と論文誌の発行を中心として活動をしてきました。
 
 公開講座は平日夜の開催にも関わらず、毎回多数の参加者に恵まれ、公開講座後の懇親会も含めると夜 11 時過ぎまで毎回活発な議論が繰り広げられてきました。また、論文誌は刊行回数を年 1 回から年 2 回に増やして、デジタルゲーム研究の貴重な発表の場として、その役割を増しています。その熱気を受け継ぐ形で、満を持して 2010 年大会を開く運びとなりました。
 基調講演では、モデレータとして、『ゼビウス』や『ドルアーガの塔』の生みの親として知られる遠藤雅伸氏をむかえ、当学会理事で東京工芸大学芸術学部ゲーム学科教授の岩谷徹氏、バンダイナムコゲームス元社長石村繁一氏、そして、『スペースインベーダー』を開発したことで知られる西角友宏氏とで鼎談「日本ビデオゲームの黎明」をおこないます。
 ソーシャルゲームの隆盛や新ハード発売のニュースなど、デジタルゲームを取り巻く環境は激変が続いています。そういう時代だからこそ、原点に立ち返り、現状を丁寧に分析した研究や、デジタルゲームの根本を問い直す研究が必要となっています。
 
 今回の大会が、皆さまにとってデジタルゲームの過去・現在・未来を考える一助になることを期待しています。
 
 
大会名称: 日本デジタルゲーム学会 2010 年次大会
テーマ: デジタルゲームの過去・現在・未来
主催: 日本デジタルゲーム学会
 
開催日時: 2010 年 12 月 18 日(土)・19 日(日)
両日とも 9 時 15 分-16 時 30 分 (懇親会:18 日 17 時-19 時 30 分)
 
会 場: 芝浦工大芝浦キャンパス(306・307 教室)
 
参加費用:
非会員(一般) 3000 円
非会員(学生) 2000 円
 
懇親会費:
一般 4000 円
学生 2000 円
 
申し込み登録ページは以下になります。
 
問い合わせ窓口:次のメールアドレスまでご一報ください。
DiGRAJAPAN2010org あっと cabsss.titech.ac.jp
(あっとは@で代替してください)
 
主要スケジュール

19 日(土)
9:15-12:30 :発表セッション
14:00-16:30 :基調講演:鼎談:「日本ビデオゲームの黎明」
遠藤雅伸 日本デジタルゲーム学会理事(モデレータ)
岩谷徹 日本デジタルゲーム学会理事/東京工芸大学教授
石村繁一 バンダイナムコゲームス
西角友宏 ドリームス
17:00-19:30: 懇親会
 
20 日(日)
9:15-12:30 :発表セッション
14:00-14:45 :学会総会
15:00-16:30 : 実行委員会主催シンポジウム
 
その他、大会プログラム詳細は以下のリンクからダウンロードしてください。


印刷用ページ 

Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
_MD_D3PIPES_ERR_PARSETYPEMISMATCH
(3)
_MD_D3PIPES_ERR_PARSETYPEMISMATCH
(5)
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project