Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

  
投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2013-02-21 06:43 (2965 ヒット)   

GDC日本人飲み会

<3月29日(金) 18:00ー21:00(開場:17:30)>

申し込みサイト:近日公開

毎年恒例のGDC日本人飲み会を今年も実施することとなりました。チケットはイープラスで2月26日(火)の13時10時に発券される予定です。今年は席数を230枚と例年より増やしました。毎年すぐに売り切れてしまう人気イベントですので、ぜひお早めにお買い求めください。最新情報は本サイトまたはツイッターのハッシュタグ#igdajでアナウンスいたします。

 


投稿者 : shin  投稿日時: 2013-02-14 03:05 (2823 ヒット)   

GDC13:メタルギア新シリーズの開発環境
「FOX Engine」の講演が発表


日本時間の14日14時で、GDC13のの早期申込の締切が来ますが。
コナミの小島秀夫監督の講演が発表されました。 

FOXの視点から見たメイキング:メタルギア ソリッド グラウンドゼロズ」の核
Photorealism Through the Eyes of a FOX: The Core of Metal Gear Solid Ground Zeroes (Presented by Kojima Productions)

 
Hideo Kojima  |  Corporate Officer (EVP), Contents Officer, Director of Kojima Productions, Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
Hideki Sasaki  |  CG Art Director, Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
Masayuki Suzuki  |  Lighting Artist, Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
Junji Tago  |  Technical Director, Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
 
内容は、メタルギアソリッド最新作のゲーム開発環境であるFOX Engineのデモモンスとレーションを通じて、鍵となる要素やユニークな方法を紹介するセッションになるようです。次世代のメタルギアを生みだすためのFOX Engineの公開は今回が初めてになるとのことです。


投稿者 : shin  投稿日時: 2013-02-13 01:29 (3481 ヒット)   

GDC13任天堂セッション「Wii U」の
サードパーティ支援2セッションが発表


いつも直前にアナウンスが出る任天堂のセッションが発表になりました。
過去のGDCでのセッションに比べて、非常に興味深いのが、自社のゲームのメイキングではなく、サードパーティの支援的な内容で、参入を促すセッションで来たところです。 

いよいよ、GDCの早期申込締切も本日です(正確には日本時間の明日の午後13時ぐらい)
 

 紹介:任天堂のプラットフォームでは、過去、CとC++しか、サポートをしてこなかったのが、HTMLとJavaScriptのサポートも開始したようです。Wii Uに利用した場合には、どのような形で組み込むことができるのかという内容のセッションです。
 
講演者:
Ryan Lynd  |  Senior Software Engineer, Nintendo of America
Kevin McCullough  |  Software Engineer, Nintendo of America
Takeshi Shimada  |  Deputy General Manager, Nintendo Co., Ltd.
 
 

紹介:Miiverseをサードパーティのゲームにどのように組み込むといいのかというセッションです。
 
講演者:
Manager of the Network Software Development Group, Network Business Department, Nintendo Co., Ltd.
 
任天堂がどこまで攻めたセッションをしてくるのかはちょっと楽しみですが、やっぱり閉じた物の中でのテクニカルな内容なのかなと思ったりもしなくもありません。
 

あと、NASA提供のセッションも発表になりました。
紹介:NASAの技術を使って未来のゲームと宇宙開発について語る内容のようです。出てみたいけど、何を話すんだろう。アメリカでは、航空宇宙系の開発者が、ゲーム産業に転職することは、必ずしもめずらしいことではないんですよ。
 
講演者:
Victor Luo  |  Task Lead, NASA Jet Propulsion Laboratory
Jeff Norris  |  Manager of Mission Planning and Execution, NASA Jet Propulsion Labor


投稿者 : shin  投稿日時: 2013-02-10 16:45 (2423 ヒット)   

GDC2013
ブートキャンプ、
チュートリアル、
ディベロッパーデイズ 
参考訳公開

 
GDC2013の前半2日間(月曜日・火曜日)行われる特定の議論を終日に渡ってテーマにするトピックとするチュートリアル関連の参考訳をお送りします。
詳細はサイトの方をご確認頂きたいのですが、すごい簡単にご紹介。
 

月曜日・火曜日10時〜18時
[112/212] ゲームデザインワークショップ 
毎年人気があるワークショップなんですが、日本人には辛そうなセッションなんですよね。
 

月曜日10時〜18時
[110]一日でゲームライティングの基礎
シナリオの基礎のセッションです。
 
[111]ゲームプログラマのための数学
3Dグラフィックや相互干渉型物理シミュレーションなどに実際に使われる数学とのこと。
 
[113]ゲームユーザー調査ブートキャンプ
講演メンバーが、マイクロソフトとEAというのがなかなか興味深いです。
 
[114]アニメーションブートキャンプ
講演者は豪華な感じに見えます。
 
[115] DirectX 11使用高度ビジュアルエフェクト
AMD及びNVIDIAといったハードベンダー入りのデモ付きの内容。
 

火曜日10時〜18時
[210]オーディオブートキャンプ
技術、デザイン、配信に至るまで、幅広い分野を扱うとのことです。
 
[211]ゲームプログラマのための物理学
Blizzard、Dtecta、Havok、NVIDIA、Sony、Valveと豪華のメンバー。
 
[213]プロデューサーブートキャンプ
プロデューサーの新人向けのセッションのようです。
 
[214]一日でAAA級デザインブートキャンプ
スカイリムなどなどの豪華メンバーよるレベルデザイン。
 
[218]テクニカルアーティストブートキャンプ
TAの役割の重要さは増しているようですね。効率よくTAを制臆させるための議論ようです。


投稿者 : shin  投稿日時: 2013-02-10 14:16 (2447 ヒット)   

GDC2013 カンファレンス
セッション ハイライト参考訳 公開

 

Game Developers Conference 2013の会期5日間のうち、後半3日間27日(水)〜29日(金)のハイライトセッション(目玉セッション)の参考訳をお送りします。それぞれのセッションへのリンク、各トラックへのリンクも張ってあります。

いくつかのセッションは、未訳ですが最近公開されたばかりのセッションのためです。ただ、タイトルは訳していますので、どういう内容なのかは理解できると思います。

GDCに参加を予定している方、また、検討中の方はご参考にして頂ければと思います。


 

  

オーディオ
ビジネス/マーケティング/マネジメント
ゲームデザイン
プロダクション
プログラミング
ビジュアルアーツ
マネタイゼーション


気になるところですと、ビジュアルアーツセッションに「風ノ旅ビト」のアート(The Art of Journey)が追加されていますね。


投稿者 : shin  投稿日時: 2013-02-06 15:37 (3188 ヒット)   

GDC期間中のパーティ情報:
Facebookでの共有が始まっています
・GDCパーティのあんちょこ付き

 
が、早くも今年も活発に動き始めました。
GDCの会期中はほとんど毎晩のように、なんらかのパーティが開催されています。朝から夕方までは講演を聴き続け、終わったら飲んだくれる……というのが、GDCの規則正しい生活リズムです。楽しいですよ!!
 
5日目には、聴衆自体から酒の匂いがただよい始めるというか……。ぐったりして、目玉セッションでも、朝のセッションの参加者ががくんと減るとか……。
 
それで、パーティといっても、友人だけで集まるといった小さな集まりから、パブに入って勝手にグループに混じるもの、招待者のみのもの、オープンなもの、DJパーティ、チケット販売方式、行政主催のパーティ、ミドルウェアベンダーによるもの、学生向け、大学主催のものなどなど、本当にいろんなものが行われます。
 
期間中は、その辺にいるやつは、ゲーム開発者しかいませんので、適当に混じってしまえば、いろんな話が聴けたりします。酔っ払うと腹を割って話せる……というのは、別に日本だけのカルチャーではないと、毎年参加していて思います。
 
集中するのが2日目(火)〜4日目(木)までです。年々規模化が進行していることもあり、GDC会場では2万人も動くために、あまりにもバリエーションがありすぎて、訳がわからなくなる傾向があります。自由にどれにも参加できるわけではありません。
 
ただ、情報を共有しようというという話が必然的に生まれてくるわけです。
Facebook The Fellowship of GDC parties は、もちろん、非公式のコミュニティで、パーティ情報も、それを聞いたからといって、参加できるとは限りません。当然、英語ですが、海外の開発者と積極的にコミュニケーションを取ることに関心のある方は、ぜひ覗いてみて、潜り込めそうなパーティに潜ってみて下さい。
 
ちなみに、アメリカのパーティは日本の懇親会や飲み会とかなり違う部分があります。

残り1080字 |続きを読む |

投稿者 : shin  投稿日時: 2013-02-06 06:15 (2587 ヒット)   

 GDC2013:ゲームデザイントラックの
目玉となる3セッションが追加発表

「Diablo III」のメイキングなど
 
GDCのゲームデザイントラックに目玉セッションが新たに追加されました。
 
Blizzard Entertainmentの全体をみているゲームディレクターの Jay Wilson (Blizzard Entertainment, Inc) が「Diablo III」の開発をする上で、何をゴールとして、どのようにそれを達成して行ったのかと言うことを語るセッションです。
 
昨年、インディペンデントゲームフェスティバルで、ファイナリストにまで残った非常に美しい「Dear Eeaster」のプロデューサーDan Pinchbeck (thechineseroom) のゲームデザインセッションです。
 
EpicGamesでリードデザイナーをしていた Lee Perry (BitMonster) が、6人でインディゲーム会社を設立しました。そして、iOS向けの「LiIi」というプロジェクトを進めていますが、大型タイトルからミッドコアタイトルの開発に移って、そこから何を学べるかというセッションです。


投稿者 : shin  投稿日時: 2013-02-06 05:29 (1872 ヒット)   

 GDC早期申込締切まで残り1週間

:2月13日(水)まで
 
 3月25日〜29日に米サンフランシスコで開催されるGame Developers Conference 2013の参加費用の30%の割引が行われる早期申込締切(Early Bird)まで、残り一週間になりました。
2月13日(水)米国西海岸時間24時が締切です。
参加を検討されている方で、まだ、申し込みを行われていない方は、日程にご注意ください。
 
申し込みの概要についての情報は下記になります。
 
ATTEND GDC   |   PASSES & PRICES
 
パスの構成内容については、<こちら>でご確認ください。
 
また、今からチケットや宿を取ったりするのも大変ですので、IGDA日本が協力しているツアーもご検討ください。
こちらの申し込み締切は当初2月5日(火)まででしたが、早期申込直前の2月12日(火)(もちろん日本時間)まで延長して頂けることになりました。
現在も、参加を検討されている方は、ぜひ利用して頂ければと思います。
 
GDC2013フリーツアー
 



投稿者 : shin  投稿日時: 2013-02-01 00:41 (2171 ヒット)   

GDCの人気セッションの
過去の名作を当時の開発者が振り返る
4セッション発表
 
CLASSIC GAME POSTMORTEMS  が発表になりました。
毎年の人気セッションになるもので、過去の名作が、どのように作られたのかというメイキング(POSTMORTEM)を
当時の開発者が語り、そのアイデアから学ぼうというセッションです。
 
セッションのタイトルは以下です。
・Crystal Castles
・Myst
・Pinball Construction Set
・X-COM: UFO Defense
 
 
大半のセッションが公開されつつありますが、毎年のことですがスケジュールは、セッションの数が多すぎるため、ギリギリにならないとわからないことが多いです。
 
今後は、ハードウェア企業による基調講演といった、まだ未定の大型セッションがあるかどうかにポイントが移り始めました。

残り234字 |続きを読む |

投稿者 : shin  投稿日時: 2013-02-01 00:40 (1952 ヒット)   

GDC早期申込締切まで残り2週間
:2月13日(水)まで


 3月25日〜29日に米サンフランシスコで開催されるGame Developers Conference 2013の参加費用の30%の割引が行われる早期申込締切(Early Bird)まで、残り14日になりました。
2月13日(水)米国西海岸時間24時が締切です。参加を検討されている方で、まだ、申し込みを行われていない方は、日程にご注意ください。

 
申し込みの概要についての情報は下記になります。
ATTEND GDC   |   PASSES & PRICES
http://www.gdconf.com/attend/passes.html
 
また、今からチケットや宿を取ったりするのも大変ですので、IGDA日本が協力しているツアーもご検討ください。
円安が進んできたこともあって、よりお得な値段になってきたように思います。
こちらの申し込み締切は2月5日(火)(もちろん日本時間ですので、ご注意ください。
 
GDC2013フリーツアー
 
GDC参加パスの各パスの違いを簡単におさらいしますと、
GDCは前半2日間(専門セッション)と、後半3日間(セッションと展示会)に別れて構成されています。
全部に参加するのか、前半だけ、もしくは後半だけといった、区分けで検討するのが一般的です。

残り476字 |続きを読む |

投稿者 : shin  投稿日時: 2013-01-25 14:30 (2815 ヒット)   

Game Developres Choice Awardsノミネートが発表
日本からは3タイトルがノミネート

 
米サンフランシスコで開催されるGDC2013で、ゲーム開発者の投票によって、昨年のタイトルから、ベストタイトルを決める第13回「Game Developers Choice Awards」のノミネートタイトルが発表になりました。主に欧米圏の開発者の投票によって決まるため、欧米で発売されたゲームが一般的に発表対象になります。ゲーム開発者が選ぶ賞という性質もあり、通受けタイトルの方が受けやすいという傾向はあります。
 
ここ数年、日本のタイトルは受賞を逃しているのですが、日本のタイトルが3タイトルノミネートされています。携帯・モバイル部門に「グラビティデイズ」(SCEJ)「新・光神話 パルテナの鏡」(ソラ、任天堂)、物語部門に「極限脱出ADV 善人シボウデス」(チュンソフト)が入っています。今年は、取ってほしいですね。
 
また、GDC Awardsらしいのは「Journey(風ノ旅ビト)」が6部門も入っているところだと言えるでしょう。かつて「ICO」や「ワンダと巨像」が総ナメをしたことがありますが、同じような高い評価を得ているのを感じます。
 
発表は、GDC2012の3日目に当たる現地時間の3月27日(水)の米西海岸時間の夕方に行われるIndependent Game Festivalに続けて行われるセレモニーにて発表が行われます。模様は米Gamespotにて、ストリーミング中継が行われます。
 
 
また、2月には、以下の賞も事前に発表になることになります。
Lifetime Achievement Winner(生涯功労賞)
Pioneer Award Winner(パイオニア賞)
Ambassador Award Winner(ゲーム産業の成長に貢献した人に向けた賞)
 
ノミネートタイトルの一覧は以下です。

残り2480字 |続きを読む |

投稿者 : shin  投稿日時: 2013-01-10 07:04 (1913 ヒット)   

Independent Games Festival のFinalistが発表
日本の「PixelJunk 4am」がノミネートに

 15回目を数える、Game Developers Conference の目玉イベントの一つIndependent Games FestivalのFinalist(最終ノミネート)作品が発表になりました。なかなか、画面を見ただけではわからない、という印象もするのですが、独創性の高いタイトルが今年も入っているようです。 

日本から、Q-Gamesの「PixelJunk 4am」が、Excellence in Audio のノミネートを受けています。

 


残り485字 |続きを読む |

投稿者 : shin  投稿日時: 2012-12-20 07:46 (1765 ヒット)   

Facebookページに
「GDC2013 from Japan」スタート


Facebookのグループとして、「GDC2013 from Japan」をスタートしています。渡航のために、問い合わせたい情報などがありましたら、ぜひ、こちらでなんでも、ご質問ください。できるだけお答えするようにします。

----------------------------------------------------------------
GDC2013 from Japan
----------------------------------------------------------------
 
また、GDC2012の様子から、どんな形で構成されているのかがわかりやすくまとめられている「はじめてのGDC 〜GDC2012ツアー編〜」という、IGDA日本の中林さんによるスライドが、Slide Shareにアップされていますので、初めて参加されることを検討されている方は、GDCがどういうものなのかを理解するためにご参照頂ければさいわいです。
 


投稿者 : shin  投稿日時: 2012-12-07 04:50 (2535 ヒット)   

GDC2013 セッションハイライト追加:
EpicGamesのアート、ホラーのストーリーテリング、オーディオセッション

3月25〜29日にサンフランシスコで開催される「GDC 2013」のセッションハイライト(目玉セッション)が3セッション追加が行われました。

・Epic Gamesのアートワークのテクニック
・インディペンデントゲーム会社系でホラーゲームをリリースして評価を受けているFrictional Gamesのストーリーテリング手法
・マイクロソフトによるオーディオ製作、プログラミング手法

例年の状況を考えますと。アメリカのクリスマス休暇に入るまで、セッションハイライトの情報は追加されると思われます。これらのセッションの概要は、後日、日本語に翻訳してお送りする予定です。IGDA日本内にも、専門の情報提供を行うコーナーを用意する予定です。

参加費が大きくディスカウントが受けられるEarly Bird(早期申込)の締切日は2月13です。
(また、確定ではありませんが、現在、IGDA日本のML参加者を対象にディスカウントができないか交渉中です。現状まだ未確定ですが、決まりましたらMLにてご報告させて頂きます。

また、昨年2万人の過去最大の参加者が出たように、周辺のホテルが例年取りにくくなりつつあります。飛行機も同様です。参加がすでに決まっている方は、お早めに飛行機チケットとホテルの確保をご検討ください。

 Latest Session Highlights

残り397字 |続きを読む |

投稿者 : shin  投稿日時: 2012-11-04 17:35 (2264 ヒット)   

  


GDC2013 レジストレーション開始
リピーター向け50%ディスカウント(Alumni Discoun)の締切は
12月6日【米サンフランシスコ 3月25-29日】

2013年3月25-29日に開催される世界最大のゲーム開発者向けカンファレンスGame Developers Conference 2013(GDC 2013)のレジストレーションが開始されました。

まだ、具体的な講演の内容等は発表になっていませんが、GDC2013も400以上の講演といったセッションが予定されています。例年の流れですと、クリスマス直前に多くの情報が出ます。ただ、今年は3月下旬といつもの年よりも遅いので、情報が出るのは1月末から、2月上旬に集中してくると思われます。
 
現時点で、重要なのは、リピーター向けのディスカウントに関係するところです。GDCはパスの値段が高いため(最大で約2000ドル)、ディスカウントを組み合わせるのは必須です。現在、2月6日が締切となる、GDC2012に参加した人(Expo Pass等をのぞく)を対象としたリピーター向けの50%受けられるディスカウントが始まっています。内容に関係なく、参加が確定している方は、この期間中に申し込んでおくことをお勧めします。
 

レジストレーションのプロセスは以下のページから
Welcome to GDC 2013 Registration


GDC2013についても、IGDA日本は、日本語による情報のサポートを行っていく予定です。
今年も最終日29日夕方 IGDA日本主催のGDC日本人飲み会の実施が予定されています。


« 1 (2) 3 4 5 6 »
Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
_MD_D3PIPES_ERR_ERRORBEFOREPARSE
(3)
_MD_D3PIPES_ERR_ERRORBEFOREPARSE
(5)
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project