Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

  
投稿者 : shin  投稿日時: 2009-11-05 23:57 (5176 ヒット)   

 GDC 2010の申込サイトが、公式オープンされました。
 全体的に、それぞれのパスが昨年に比べて200ドル安くなっています。
 
現時点で、注意が必要なのが、GDC2008か、2009の参加者、及び、講演者向けの40%ディスカウントが行われるリピーター向けのレジストレーションの締切です。12月17日が締切ですのでご注意ください。
 
Alumni Registration (Save 50%) ends on 12/17/09
Early Registration (Save 35%) ends on 2/4/10 (一般的な締め切り日)
 
 前2日に開催されるサミットは以下の8つに固まったようです。
 
 
・AI
・GDC Mobile/Handheld
・Game Localization
・IGDA Education
・Independent Games
・iPhone Games
・Social & Online Games
・Serious Games 


投稿者 : shin  投稿日時: 2009-10-22 19:22 (3859 ヒット)   

 2010年3月9-13日に開催される「GDC 2010」で開催されるSummitについての講演者の講演内容についての公募が開始されました。締切は、11月13日です。

 

 
2010 GDC Summit Call for Submissions
 
 サミットは、前半2日間を使って行われる専門セッションのことで、募集されているセッションは以下の6つのサミットです。
 
・Casual Games Summit
・Independent Games Summit
・GDC Mobile
・Social & Online Games Summit
・iPhone Games Summit
・Serious Games Summit
 
 来年は、ついに「iPhone Games Summit」が追加されるようです。
 
 投稿についての詳細や、FAQ、実際の投稿ページは、公式ページの方から確認してください。
 
 同じ日程で、以下のサミットも開催されますが、これは運営者による招待者による方式で行われるとのことです。
・IGDA Education Summit 
・Localization Summits 
 
 まだ、レギュラーセッションの公募は開始されていないようですが、近く開始されるはずです。
 (Update)間違いでした。8月18日にすでに、通常セッションの公募は終了しているようです。例年と同じスケジュールで進行しているようです。毎年、日本人セッションのみは、その例外で、通訳込みで別枠で検討されることが多いのですが、今年度も、実施されるかどうかは現時点では不明です。


投稿者 : tocoma  投稿日時: 2009-10-20 03:34 (8081 ヒット)   

-----------------------------------------------------------------------
★近畿日本ツーリスト「ゲームデベロッパーズカンファレンス(GDC2010)」視察ツアーのご案内
-----------------------------------------------------------------------

 

 

近畿日本ツーリスト主催により、世界最大のゲーム開発者向けカンファレンス「GDC」の2010年度視察ツアーが実施されます。

【期間】

●Aコース: メインカンファレンス集中コース 3月10日(水)-15日(月)
●Bコース: サミット・カンファレンス参加コース 3月8日(月)-15日(月)

【参加特典】

今年は例年と異なり火曜日開催のため、Aコースのショートコースの方もBコースでフルに参加される方も、前日現地入りが平日と成り、午後より「北米ゲーム会社およびCGプロダクション視察」を予定、北米のゲーム開発現場に関心のある方は必見

事前説明会やポストレクチャーを開催、初心者、学生、企業にて参加される方へのサポートも実施

期間中、参加者親睦のためのサロンをオープン

【地方空港発着、延滞・ルート変更手配】

フリーオプションシステムを取り入れ、地方からの参加にも対応

【旅行代金】

235,000円(Aコース)/265,000円(Bコース)
※航空機エコノミークラス/ホテル2名一室利用
※燃油サーチャージ、国内航空施設料、旅行保安サービス料、海外空港諸税別途必要
※GDC登録料別 (参考)早期申し込み12月7日迄 50%ディスカウント
※一人部屋追加代金 58,000円(Aコース)/78,000円(Bコース)

【お申し込み締め切り】

2010年1月29日

【詳細】

2010.03  ゲームデベロッパーズカンファレンス(GDC2010)視察ツアー参加者募集中
http://biz.knt.co.jp/toranomon/pdf/dep_091020_01.pdf

 KNT!【近畿日本ツーリスト株式会社】虎ノ門公務旅行支店
http://biz.knt.co.jp/toranomon/
 
  <旅行企画・実施 お問い合わせ>

担当:伊藤・笹目・篠原 yi942278@mb.knt.co.jp
TEL : 03-3502-2921 FAX : 03-3502-2920

 

 


投稿者 : shin  投稿日時: 2009-06-30 16:54 (5825 ヒット)   

 5月12-13日にカナダバンクーバーで開催された、GDC Canadaの資料公開がGDCのSNSシステムである「myGDC Vault」で開始されています。現在、資料公開されているセッションの数は、8つです。

以下、三宅さん情報の転載
----------------------------------------------
5月に行なわれたGDC Canada 2009
http://www.gdc-canada.com/index.html

の資料が公開され始めました。
http://mygdc.gdconf.com/vault/1337
(下段のタグをクリックしてください)

GDC 2009 の資料がそうであったように、
これもまた随時、公開されて行くと思うので(と希望する^^)、
時間を置いてアクセスするのがよいと思います。

GDC Canada 2009 は、全部で41セッションと非常に小規模です。
また、具体的なタイトルについての発表が少なく、

Preproduction
Production
Finalling
Post Launch

と、開発マネージメントと方法論、などを主としているようです。

Canada だと、本家のGDCまで行くのも、それほど苦ではないでしょうし、GDCの補完的な意味なのでしょうか?
このあたりはよくわかりません。

Future Play
http://www.gdc-canada.com/futureplay/index.html

という、パネルやセミナー、ワークショップからなる、これからのゲーム開発のアイデアを語り合うトラックがあるのが特徴的、でしょうか。そうでもない? ^^


投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2009-05-30 04:38 (6221 ヒット)   

 今年のGDCでは新しくローカライズSIGが発足し、ローカライズサミットが開催されました。これに関して議長の一人である元マイクロソフトゲームスタジオのトム・エドワーズから、当日発表されたスライドを日本語に翻訳して公開して欲しいという依頼を受けましたので、順次アップしていきます。まずは「フェイブルII」の事例についてです。翻訳作業は、下訳を僕(小野憲史)が行い、当日パネルで出席されたセガの長谷川亮一さんに監修いただいています。

Gdc09 Loc Summit Fable2

http://www.slideshare.net/kono3478/gdc09-loc-summit-fable2

スライドにもあるとおり、イギリスのライオンヘッドスタジオ(開発)、アイルランドのマイクロソフトゲームスタジオ・ダブリン(ローカライズ)、各国の翻訳業者(実作業)の三位一体で各国語版が作られ、世界同時発売という、AAA級タイトルの現状とパイプライン構築が良くわかる内容になっています。

参考:あるローカライズスペシャリストの「卒業」
http://www.igda.jp/modules/pico/index.php?content_id=1


« 1 ... 3 4 5 (6)
Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
_MD_D3PIPES_ERR_ERRORBEFOREPARSE
(3)
_MD_D3PIPES_ERR_ERRORBEFOREPARSE
(5)
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project