Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

Products/Release
Products/Release : 「CRI ADX2 LE」Windows版
投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2013-12-25 03:46 (2107 ヒット)   

「CRI ADX2 LE」Windows版が登場

株式会社CRI・ミドルウェア(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 押見正雄、以下CRI)は、2013年12月25日から、インディーズゲーム&同人ゲーム開発者向け無償サウンドミドルウェア「CRI ADX2(TM) LE」(以下、「ADX2 LE」)のWindows(R)版(Visual Studio(R)向け)を提供致します。

Windows版はDirectX(R)やDXライブラリと合わせたVisual Studioでの開発にも対応しております。「ADX2 LE」はこれまでUnity Pro環境を対象にしておりましたが、今回のWindows対応により、Visual Studioでゲームを開発している、より多くの方に「ADX2 LE」をご利用いただくことが可能になりました。

「ADX2 LE」は、ゲームならではのサウンド演出を手軽に実現する、便利な機能を数多く搭載したサウンドミドルウェアです。最先端のゲームサウンド制作現場でのニーズやノウハウが反映されており、高度なサウンド演出から細かい音の調整まで、全てがグラフィカルなツール上で直感的に行えます。

【CRI ADX2 LE Windows版の特長】


1) ゲームならではのリッチなサウンド演出を手軽に実現
乗り物のエンジン音や、バトルが盛り上がると歓声が増えるといった、ゲームの状況と連動してサウンドを変化させる演出のほか、楽曲が切り替わるインタラクティブミュージックの構築など、ゲームならではのサウンド演出ができます。
また、以下のようなプログラムで実装するのは手間のかかるサウンド演出・管理も手軽に実現可能です。

・効果音、BGMの途切れのないイントロ付きループ再生
・フェードイン、フェードアウト、クロスフェード
・同時発音数の制御、発音優先度の設定
・BGMやSE、ボイスのようなカテゴリ分けによるボリューム設定などの一括制御
・ピッチチェンジ、ディレイやエコーなどの各種フィルター

2) 独自圧縮コーデックでファイルサイズを小さく
「ADX2 LE」は、ゲーム用に最適化したCRI独自のサウンドコーデックを搭載しています。ボイスやBGMの音質を損なわずにファイルサイズを1/16まで圧縮する「HCA」コーデック、CPU負荷の高いゲームでも複数の音を鳴らすことができる、複数音同時再生向けにCPU負荷を大幅に軽減した「HCA-MX」コーデックなど、求めるクオリティに応じて圧縮レベルを選択できるようになっています。

3) 素早いサウンドデザインを実現する直感的なツール
操作性に優れたサウンドオーサリングツールで、多彩なサウンドを効率よく制作できます。様々なエフェクトの追加やパラメータの変更をグラフィカルなインタフェースで行えます。ピッチ変化、各種エフェクト、フィルターなどを素早く組み合わせながら加工することができ、ゲーム・アプリ向けの効果音の量産も容易です。なお、Windows版とUnity Pro版はどちらで制作したデータも共通で扱えます。

CRIは、近年急速に盛り上がりを見せているインディーズゲーム開発における様々なニーズに応え、より多くのゲーム開発者の方を強力に支援して参ります。

■「ADX2 LE」Windows版の詳細およびダウンロードはこちらから

■公式ガイドブックのご紹介
「ADX2 LE」初心者の方や、機能をフルに使いこなしたい方のために公式ガイドをご用意しております。使いながら習得できるチュートリアル付きです。
書籍名:「CRI ADX2で作るゲームサウンド制作ガイド[CRI ADX2公式ガイド]」
販売:書店、翔泳社サイト、Amazon等

Twitterアカウント:@ringo_cri(「ADX2 LE」リリースのお知らせがいち早く受け取れます)
Facebook:http://www.facebook.com/CRI.Middleware

CRI・ミドルウェアは、ゲーム開発をサポートする多彩なツール&ミドルウェア製品群『CRIWARE(R)』の個人向け展開で、ゲームサウンド開発の魅力を広く伝えるとともに、インディーズゲームや個人ゲーム開発者を含む幅広いゲーム開発者の方々を支援し、ゲーム業界およびエンタテイメント業界の発展に貢献して参ります。

※「Windows」、「DirectX」、「Visual Studio」は、米国MicrosoftCorporation.の米国およびその他の国における登録商標です。
※「Unity」はUnity Technologies社の商標です。
※CRI・ミドルウェア、CRI・ミドルウェアロゴ、「CRIWARE」、「CRI ADX」は、日本およびその他の国における株式会社CRI・ミドルウェアの商標または登録商標です。
 


印刷用ページ 

Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
_MD_D3PIPES_ERR_PARSETYPEMISMATCH
(3)
_MD_D3PIPES_ERR_PARSETYPEMISMATCH
(5)
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project