Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

Industry/Resarch
Industry/Resarch : フリーランスのゲーム開発者、CGクリエイター、ゲームライターの方などに、文芸美術健康保険組合及び日本アニメーター演出協会(JAniCA)加盟への勧め
投稿者 : shin  投稿日時: 2010-05-11 07:24 (31884 ヒット)   

この情報は2010年時の情報です。
文芸美術健康保険組合及び日本アニメーター演出協会(JAniCA)へのお問い合わせは、ご遠慮ください。  2020/1/19

 フリーランスのゲーム開発者、CGクリエイター、ゲームライターの方などに、
文芸美術健康保険組合及び日本アニメーター演出協会(JAniCA)加盟への勧め

※私(新)自身が加盟手続きを終わらせていなかったために、他の方におすすめできるものなのか躊躇していた部分がありました。しかし、自身が加入を完了させるために、理解が進み、信用できる団体だと判断できました。
 そのため、多くのゲーム系でフリーで創作業務に関わっている方には、重要な情報と思われるために、多くの方と情報共有の意図を持ってお知らせさせて頂きます。加盟すると年間負担する健康保険料が大きく変わります。
 現在、ゲーム系でフリーランスで働かれている方が使える健康保険制度としては唯一のものと思われますので、最初だけ手続きが面倒なのですが、加盟されることをおすすめしたいと思います。 
 
 以下の文章は、mixiで、超電磁さんが管理人をされている「文美国保加入のススメ」からの引用が主体です。
 
■文美国保加入のススメ
 
【文芸美術健康保険組合】 
 昭和28年(1953)年4月1日、国民健康保険法に基づき、旧厚生省の認可を経て設立された公法人です。 
 平成20(2008)年4月末日現在、組合員(世帯主)は5,843名(うち特例組合員は304名)、家族は5,778名合計11,621名の方々が加入されています。 
 
 社会保険のないフリーランスの経済を圧迫する、高額な国民健康保険料。 
 みなさんは同等の手厚さでありながらお得な保険料で済む「文芸美術国民健康保険(組合)」の存在をご存じでしょうか。 
 自分もフリーランスになるに当たって、同僚のもとアニメ業界人に教えてもらい、知りました。 
 
 自分も含めて意外と知らない人が多いのです。 
 このコミュニティはフリーランスで国民健康保険料を支払うのはたいへんだなあ、という方に文美国保を知っていただこうと思って作りました。 
 年間でだいたい12万円ほども払う額が変わります(30代。20代で6万、40代で24万ほど安い)。 
 
【ゲーム業界の文美国保】 
 ゲーム業界の文美国保加盟団体は現状残念ながらないのですが、日本アニメーター演出協会(JAniCA)がゲーム業界人の加盟も認めるようになりました(2008年より)。
 これによりゲーム業界関連ならばJAniCA準会員として月3,000円の会費で加盟が可能です。文美国保の保険料とあわせても月17,000円に収まります。 
 なおJAniCAに加盟すると技術セミナー(アニメ向け)への招待、税や法律の相談など色々メリットがあるようです。 
 
JAniCA準会員加盟資格 
 商業アニメーション制作又はこれに類する事業に従事する個人(例:3DCGアニメ関係者、漫画家、アニメ雑誌編集者、ライター、ゲーム関係小説家、イラストレーター) 
 
※JAniCAホームページより転載 
文芸美術国民健康保険 
●お得な文芸美術国民健康保険に加入できます。 
 30歳代会員/独身/杉並区在住 の例 
 
いまの国民健康保険料 287,280円 
文芸美術国民健康保険に加入 162,000円 
年間 125,280円 お得! 
 
【追記 05月13日】
国民健康保険料は、確定申告時の所得から算出される、住民税に応じて算出される方式になっています。
 
【All About】住民税と健康保険料は、確定申告後に決定!
 
 そのため、所得が低い方や、住民税が低い地域に住まれている方、独身の方の場合には、国民健康保険の方が安い場合があります。

 算出例が、JAniCAの以下のページに掲載されていますので確認ください。
 ただ、説明によると「フリーランスの方はその年の収入によって、お得な保険のほうへ切りかえることが可能」とのことです。

 文美国保にも、世田谷区のケースですが、簡易計算表があり、比べることができるようになっています。
 文美国保の保険料は「組合員の収入が、多い少ないにかかわらず均等」とのことです。

 独身者の場合、月額17,300円(文美14,300円+JAniCa準会員会費3,000円)、年間207,600円となります。その金額よりも、現在の負担している国民健康保険額が高い場合には、加盟した方が得ということになります。
 
 
 
あらましは管理人の日記 
 
文美国保ホームページ 
 
日本アニメーター演出協会 
 
※その他の文美国保組合に加盟している主な団体(アニメにもゲームにも該当しない業種のフリーランサーは、自分が加盟しやすいカテゴリーの協会を探してみてください。加盟全52団体について詳しくは文美国保ホームページを参照) 

 


印刷用ページ 

Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
_MD_D3PIPES_ERR_PARSETYPEMISMATCH
(3)
_MD_D3PIPES_ERR_PARSETYPEMISMATCH
(5)
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project