Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

GDC
GDC : IGDA GDCスカラーシップの募集締め切りは1月20日です
投稿者 : kenji-ono  投稿日時: 2012-01-08 15:12 (2924 ヒット)   

IGDA GDCスカラーシップの募集締め切りは1月20日です

申し訳ありません。本来はもっと早くにアナウンスすべきでしたが、GDC2012のスカラーシップが現在開催されており、募集締め切りが1月20日(米国時間)となっています。募集は下記ページで行われています。

http://www.igda.org/scholarships

GDC2012スカラーシップとは、IGDA本体が毎年行っているもので、全世界からゲーム業界を志す学生を募集・選考して、GDCのパスを無償提供するというものです。例年であれば25名の学生に対してフルパス(All Access Pass、2100ドル相当)が提供されます。GDC2011では日本から2名の学生が選考をパスして参加しました。そのうちの一人、岩本翔君のレポートが下記に掲載されています。

http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=3341

募集に際していくつか注意点があります。まず応募者は4年生大学か、それに相当する教育期間に在学中の学生である必要があります(おそらく専門学校でもOKでしょう)。またIGDAのStudent会員でなければなりません。会員になるには30ドルの会費(1年間有効)をクレジットカードで下記サイト(http://www.igda.org/join) から支払い、会員番号を入手しておく必要があります(応募で必要になります)。その上で冒頭のサイトから入力欄に英文で応募動機などを英文で入力し、応募する必要があります。

特典として与えられるのは、上記のようにAll Access Pass1枚と、サンフランシスコ近郊のゲーム会社のスタジオツアー、スカラーシップ学生を対象としたオリエンテーション、各種イベントへの参加権利などです。学生に対して世話役のゲーム開発者もつき、さまざまなアドバイスなども受けられます。一方で往復の航空券やホテル代、滞在費などは自分で負担しなければなりません。このように書くと「英語だし、大変そうだし・・・」と思われる学生が多いかと思いますが、はっきり言ってかなり良質なプログラムだと聞いています。僕が学生でGDCに参加する予定があれば、絶対に応募しています。アジア、特に日本からの応募は少なめなので、狙い目です。

なお、一点だけご注意を。応募申し込みページにCEDEC2012のチェック項目がありますが、現時点でIGDA日本としてCEDEC2012のスカラーシップを行うか否かは、まだ決まっていません。早とちりしてCEDEC2012の欄にチェックを入れないように注意してください。

それでは一人でも多くの学生にGDC2012スカラーシップに応募してもらって、実際に参加してもらえればと願っています。よろしくお願い申し上げます。


印刷用ページ 

Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
_MD_D3PIPES_ERR_PARSETYPEMISMATCH
(3)
_MD_D3PIPES_ERR_PARSETYPEMISMATCH
(5)
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project