Welcome Guest 
NPO法人IGDA日本のページへようこそ

このページは、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)のホームページです。 IGDAは全世界のゲーム開発者を対象とした国際NPOです。日本語での情報交換の場にご活用下さい。

このサイトについて
ソーシャルリンク
NEWSメール
不定期でイベント情報やNEWSなどをメールにてお送りしています。以下から、NEWSメールの登録/解除ができます。

メールアドレス

登録 削除

メルマガ配信CGI ACMAILER
好評発売中

 

 

ゲーム開発者推薦図書
Partners

メインメニュー
検索
IGDA日本へのニュース投稿について

■ニュース掲載について
IGDA日本ではゲーム開発に関連するニュースを募集しています。イベント情報やプレスリリースなどをinfoアットigda.jpまでお送りいただければ、内容を精査の上で掲載させていただきます。運営ボランティアの仕事状況によってはアップできない場合もあり、またその旨をご連絡をしない場合もあります。

■ニュースの著作権について
ニュースの著作権は、カテゴライズがIGDAおよびIGDA日本に関連するものの場合、IGDA日本に帰属するものとします。 それ以外のプレスリリース等の投稿記事については投稿者、もしくはその所属される企業に帰属します。転載による記事については転載元の個人、または組織に帰属しています。

■記事内容について  
IGDAおよびIGDA日本に関連するニュースをのぞき、掲載しているニュースはIGDA日本の立場を代表するものではありません。また、それらの記事内容についてIGDA日本は責任を負いません。

■GameBusiness.jpへの記事の転載について
2010年12月8日より、IGDA日本に掲載されたニュースの一部が、GameBusiness.jp に転載掲載されています。転載記事は「Text from IGDA日本」と記載されます。転載に問題がある場合は掲載後でも構いませんのでご指摘ください。

<最終更新2013年3月10日>

サーバーを移転しました。2015年3月22日(日)
IGDA日本のサイトを移転しました。

こちらは、2015年3月22日(日)までの情報を掲載した旧サイトになります。

old2014.igda.jp

これ以後の情報は、新サイトに掲載しています。

www.igda.jp
インディ・同人ゲームを出展しよう!(OGC併催)

Independent Game Developers Summit 2015

4月24日(金)  【申込み・詳細】  <===出展申込みが延長されました(3/31まで)

Products/Release
Products/Release : Khronos Group、OpenGL 3.2を発表 12ヵ月で3回目のバージョンアップ
投稿者 : shin  投稿日時: 2009-08-04 03:05 (8817 ヒット)   

Khronos Group、OpenGL 3.2を発表
12ヵ月で3回目のバージョンアップ
 
2009年8月4日(米国時間8月3日) - 米ニューオーリンズ、SIGGRAH 2009 - オープンでロイヤリティ無料の業界標準API仕様の策定と開発の支援を行うKhronos(TM)Group (クロノス・グループ、以下: クロノス)は、3Dグラフィックス向けクロスプラットフォームに対応した、ロイヤリティ無料のAPI「OpenGL(R)」の最新バージョンOpenGL 3.2を発表しました。今回の発表は、2008年8月にOpenGL 3の発表以来、12ヵ月で3回目のバージョンアップです。これは、さまざまなOSやプラットフォーム上で、グラフィックス・デベロッパーが最先端のGPU機能に容易にアクセスできるよう、OpenGLが進化し続けることを示しています。OpenGL 3.2のダウンロードは下記URLで可能です
 
OpenGL 3.2は、性能向上のための機能追加、描画品質の向上、ジオメトリ演算の高速化、Direct3Dアプリケーションの容易な移植性に対応しました。さらに、OpenGL及びOpenCL, OpenGL ES, WebGLといった、クロノスが策定するAPIにおいて、多くのアプリケーションはじめ市場、製品群を拡張する強力なグラフィックス開発とコンピューティング・エコシステムの創造に、相乗効果をもたらします。
 
クロノスのOpenGL ARB (Architecture Review Board) ワーキンググループは、今回OpenGLシェーディング・ランゲージの最新バージョンとなるGLSL 1.5と、新しいアプリケーション向けのコア・プロファイルまたは既存のワークステーション・アプリケーション向けの、従来のOpenGLとのバックワード・コンパチビリティを提供する、コンパチビリティ・プロファイルのどちらかを、デベロッパが選択できるように、OpenGL 3.2内に二つのプロファイルを定義しました。
 
OpenGL 3.2は、さまざまな最新のGPU上で稼動するようデザインされ、アプリケーション・デベロッパに次のような多くの恩恵をもたらします。
 
・CPUとGPU間で共有されたリソースを待つアイドリングを避けるために、バーテックス・アレイ及びフェンス・シンク・オブジェクトのパフォーマンスを向上。
・OpenGLコア内のジオメトリ・シェーダーを含む、パイプライン・プログラマビリティの改善。
・シェーダーのテクスチャ・サンプルへのダイレクト処理により、ブーストしたキューブマップの描画品質や、マルチサンプリング・レンダリングへの、より柔軟な対応が可能。

 
さらに、クロノスはOpenGL経由でアクセスする最新のGPUが搭載した、最先端グラフィックス機能の活用を可能とする5つの新ARBエクステンションを定義しました。これらのエクステンションは将来その機能が評価され、幅広く採用されたとき、OpenGLの将来バージョンのコアとして搭載される予定です。
 
今回の発表について、Jon Peddie Research代表のDr. Jon Peddieはこうコメントしています。「クロノスはOpenGL ARBに真の活動の場を提供しています。
ARBは、グラフィックス革新のためのプラットフォームに、OpenGLを完全に活用できるようにするばかりでなく、関連する業界標準を一貫して開発することでOpenGLの長所を活用できるという相乗効果を生み出しています。OpenGLは、モバイル・グラフィックス向けのリッチなグラフィックスの基盤であり、それはWebでもそうなりつつあります。」
 
AMD社プロフェッショナル・グラフィックス部門担当シニア・ディレクタのJanet Matsuda氏はこうコメントしています。「AMDはOpenGL APIのバージョンアップに関与できるOpenGL ARBに参加していることを、とてもうれしく思います。過去12ヵ月で3度のバージョンアップが行われたことは、驚くべき実績です。」
 
OpenGL ARBのチェアで、NVIDIA社エンジニアリング・マネージャのBarthold Lichtenbeltは、こうコメントしています。「NVIDIAは、OpenGLの迅速な改良と採用に向けたあらゆる支援を行っています。今回、OpenGL 3.2の仕様発表と同時にベータ版ドライバがリリースできたことを、とてもうれしく思います。
OpenGL ARBは、OpenGLコードへの投資や作業を保護しながら、最高水準のグラフィックス機能提供を約束します。私たちは、デベロッパのフィードバックを注意深く聞くと共に、業界の要求に合致するために、OpenGLの迅速な進化に取り組み続けます。」
 
クロノスのプレジデントで、NVIDIA社バイス・プレジデントのNeil Trevettはこうコメントしています。「私たちのOpenGL 3の戦略は、発展的な更新を続けることで、OpenGLに革新的な変化をもたらすことです。OpenGL 3.0は、OpenGLがさまざまな市場の要求に応えることのできるメカニズムを設定しました。
OpenGL 3.1は、APIを整備するために、新たな機能を追加しながら、そのメカニズムを活用しました。今回、私たちは従来のOpenGLデベロッパをはじめ、新たなデベロッパ双方の要求に応えるために、最先端のGPU機能を十二分に活用できるOpenGL 3.2を発表しました。」
 
OpenGLについて
OpenGL(R)は、デスクトップ2D/3Dグラフィックスに業界内でもっとも幅広く採用されているAPIで、ウィンドウ・システム、OSに依存することはなく、またネットワーク・トランスペアレントであり、さまざまなプラットフォーム向けアプリケーションの開発に貢献します。OpenGLは、PCソフトウェア、ワークステーション、スーパーコンピューティング・ハードウェアのデベロッパが、CAD、コンテンツ制作、エネルギー、エンターテイメント、ゲーム開発、製造、医療およびバーチャルリアルティといった市場向けに高性能グラフィックス・ソフトウェア・アプリケーションの制作を可能とします。
 
###
 
Khronos Groupについて
The Khronos(TM) Groupは、会員企業の会費によって運営されるコンソーシアムで、さまざまなプラットフォームやデバイス上で、ダイナミックなメディア・オーサリング/プレーバックを可能とする、ハードウェア/ソフトウェア製品市場の成長のため、OpenGL(R)、 OpenGL ES(TM)、OpenKODE(TM)、OpenMAX(TM)、OpenVG(TM)、OpenSL ES(TM)、OpenML(TM)、COLLADA(TM)、OpenCL(TM)といった、オープンでロイヤリティ無料の業界標準API開発の支援を行っています。会員企業はKhronos API仕様開発に参画できるほか、一般公開前のさまざまな段階での投票、仕様ドラフトや順応テスト向けのアーリーアクセスを通して、最先端3Dグラフィックス・プラットフォームやアプリケーションの提供を推進可能です。最新情報はWebサイトで公開されています( www.khronos.org )。
 
Khronos, OpenKODE, OpenVG, OpenMAX and OpenSL ES are trademarks of the Khronos Group Inc.  OpenCL is a trademark of Apple Inc. COLLADA
is a trademark of Sony Computer Entertainment Inc. used by permission by Khronos.  OpenGL and OpenML are registered trademarks and the
OpenGL ES logo is a trademark of Silicon Graphics Inc. used by permission by Khronos. All other product names, trademarks, and/or company names are used solely for identification and belong to their respective owners.
 
ユーザ・読者の方のお問合せ先
クロノス・グループ 日本事務所

 


印刷用ページ 

Translation
IGDA日本活動予定

2015年
3月21日(土) GDC2015報告会
4月12日(日) HDIfes #04
4月24日(金) IGDS2015

 

IGDA日本Blog アップデート情報
_MD_D3PIPES_ERR_PARSETYPEMISMATCH
(3)
_MD_D3PIPES_ERR_PARSETYPEMISMATCH
(5)
twitter #igdaj #fgj15 #gdc15j #ggj15j

ゲーム業界イベントカレンダー
Copyright IGDA Japan Chapter 2002- Powered by XOOPS Cube LEGACY 2.2(C)2001-2009 The XOOPS Cube Project